「パレット」にアイドリングストップ機構搭載車

2012.06.19 自動車ニュース
「スズキ・パレットSW XSアイドリングストップ」
「パレット」にアイドリングストップ機構搭載車

スズキ、「パレット」シリーズにアイドリングストップシステム搭載車を設定

スズキは2012年6月18日、軽乗用車「パレット」シリーズに、アイドリングストップシステムを搭載した「パレットSW XSアイドリングストップ」を設定し発売した。また、フルオートエアコンなど快適装備を充実させた特別仕様車「パレットISセレクション」を6月26日に発売すると発表した。

「スズキ・パレットISセレクション」
「パレット」にアイドリングストップ機構搭載車

今回新たに設定された「パレットSW XSアイドリングストップ」は「パレットSW」の自然級気エンジン搭載グレード「XS」のFF車をベースに、アイドリングストップシステムを追加して燃費を向上したモデルだ。
価格は、152万2500円(ベース車比+9万4500円)。

また、特別仕様車「パレットISセレクション」はアイドリングストップシステムの搭載に加え、エクステリアでは後席左側のパワースライドドアやフロントメッキグリルを採用したほか、バックドアに「IDLING STOP」エンブレムを貼付。インテリアでは、フルオートエアコン、撥水(はっすい)加工を施したシート表皮(ブラウン基調)などが備わる。
価格は124万9500円。

「パレットSW XSアイドリングストップ」「パレットISセレクション」の両モデルは、JC08モード燃費で22.2km/リッター(ベース車比+1.4km/リッター)を実現。エコカー減税(自動車取得税と自動車重量税の50%減税)に適合している。

さらに今回、「パレット」「パレットSW」全車で一部仕様が変更された。内容は以下のとおり。

◇「パレット」「パレットSW」共通の仕様変更点
・乗降グリップを後席両側に採用。
・後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用。

◇「パレット」のみの仕様変更点
・インパネ色をブラウンに変更。
・ベージュ色を基調としたシート表皮およびドアトリム表皮を採用。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
ホームへ戻る