スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生

2012.06.18 自動車ニュース

「スズキ・ソリオ」に個性派の「ソリオ バンディット」誕生

スズキは、コンパクトなハイトワゴン「ソリオ」シリーズの仕様を一部変更し、2012年6月18日に発売した。さらに6月28日には、若向けの新グレード「ソリオ バンディット」を追加設定し、発売する。

今回「スズキ・ソリオ」には、以下の仕様変更が実施された。

・後席両側の乗降用グリップ追加
・防眩式ルームミラーの採用
・時間調整付フロント間欠ワイパーの採用
・「X」「S」グレードのアルミホイールのインチアップ(14インチ→15インチ)
・車体色「ルナグレーパールメタリック」の追加設定(特別仕様車BLACK&WHITEを除く)
・CVTオイル変更による、アイドリングストップシステム搭載車の燃費向上(JC08モード:21.2km/リッター→21.8km/リッター)

また、若者の多様な趣向に応えるモデルとして、より個性的な内外装をもつ新グレード「ソリオ バンディット」が追加される。その主な装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・専用デザインの前後バンパー
・専用デザインのディスチャージヘッドランプ
・ピアノブラック塗装とメッキを組み合わせたフロントアッパーグリルおよびバックドアガーニッシュ
・専用エンブレム
・専用デザインの15インチアルミホイール

【インテリア】
・ブラック基調のインストゥルメントパネルおよびドアトリム
・本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ(一部ピアノブラック調)
・ストライプ柄の専用ファブリックシート表皮

【機能装備】
・リモート格納ミラー

なお、車体色は「ルナグレーパールメタリック」「ミステリアスバイオレットパール」「パールメタリックカシミールブルー」を含む全7色をラインナップする。

「スズキ・ソリオ バンディット」の価格は、168万3150円から180万6000円まで。
「スズキ・ソリオ」シリーズ全体の価格は、「G」(FF車)の138万2850円から「バンディット」(4WD車)の180万6000円までとなっている。

(webCG 関)

写真は全て「スズキ・ソリオ バンディット」
写真は全て「スズキ・ソリオ バンディット」
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る