【スペック】全長×全幅×全高=4730×1825×1420mm/ホイールベース=2810mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー付き(333ps/5500-6500rpm、44.9kgm/2900-5300rpm)/価格=799万円(テスト車=854万円)

アウディS4(4WD/7AT)【試乗記】

「名人」みたいなクルマ 2012.06.18 試乗記 アウディS4(4WD/7AT)
……854万円

「アウディA4」のスポーティーバージョンにあたる「S4」。フェイスリフトが実施された最新モデルを駆り、その走りや乗り心地を試してみた。

意外なくらい、おとなしい

アウディの“4番”のなかでも別格の存在が「S4」だ。
振り返ると、現行S4がデビューしたのは2008年。5代目に切り替わったそのときに、エンジンが4.2リッターV8から3リッター直噴V6スーパーチャージャーに替わった。パワーは「A4 2.0 TFSI」(180ps)から約8割アップの333ps。S4はもちろん4WDだが、799万円の価格もA4 2.0 TFSI(440万円)の8割増し。まさに別格の4番である。

直近のマイナーチェンジで3リッタースーパーチャージャーユニットにもアイドリングストップ機構が付いた。その最新型S4をアウディジャパンでピックアップして目黒通りを走り始めたとき、「あれっ、A4を借りちゃったか!?」と思った。

ステアリングもペダルもフツーに軽い。なによりエンジンが静かだ。アイドリングでもボーボー言わない。その600rpmだって少し走ったら暖機が終わり、アイドリングストップに入る。
そういえば、乗る前に一瞥(いちべつ)した外観も、S4にしてはおとなしく見えた。赤いボディーカラーは、ニュータウンの奥サマが乗っているA4っぽかったし……。いや、きっちりしたアウディ広報のIさんに限って、そんな赤ん坊の取り違えみたいな貸し出しをするわけがない。なんて、いっとき本当に考えてしまったのは、その日、『webCG』でもう1台、A4を借りるという話を聞いていたからなのだが、それよりも、というか、それくらい最新S4はお行儀のいいクルマだったのだ。

しかし、A4かもしれない疑惑は、その後すぐステアリングホイールのS4エンブレムを発見して難なく晴れる。

インテリアの様子。「S4」のロゴが入れられたステアリングホイールや、「カーボンアトラス」のデコラティブパネルなどが「A4」との違い。なお、ハンドル位置は左右どちらでも選ぶことができる。
インテリアの様子。「S4」のロゴが入れられたステアリングホイールや、「カーボンアトラス」のデコラティブパネルなどが「A4」との違い。なお、ハンドル位置は左右どちらでも選ぶことができる。
Vバンクにスーパーチャージャーが収まる3リッターV6ユニット。アイドリングストップ機構も備わる。
Vバンクにスーパーチャージャーが収まる3リッターV6ユニット。アイドリングストップ機構も備わる。
「S4」には、フルタイムの4WDシステム「クワトロ」が採用される。通常40:60の前後トルク配分は、路面の状況に応じて変動。アンダーステアを抑えるトルクベクタリング機構も備わる。
「S4」には、フルタイムの4WDシステム「クワトロ」が採用される。通常40:60の前後トルク配分は、路面の状況に応じて変動。アンダーステアを抑えるトルクベクタリング機構も備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る