【スペック】GLK350 4MATICブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4536×1840×1669mm/ホイールベース=2755mm/車重=1845kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツGLK350 4MATICブルーエフィシェンシー/G63 AMG【海外試乗記】

メルセデス・ベンツの本流 2012.06.17 試乗記 メルセデス・ベンツGLK350 4MATICブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)/G63 AMG(4WD/7AT)

コンパクトで新しい「GLKクラス」と伝統のフラッグシップモデル「Gクラス」、内外装がリファインされた2台のSUVに試乗。その概要と走りをドイツからリポートする。

上質な道具……GLK350 4MATICブルーエフィシェンシー

メルセデスにとっては最もコンパクトなSUVとなる「GLKクラス」。いかにも日本でウケそうなパッケージながらライバルの後塵(こうじん)を拝している感が否めない、その最大の理由は、設定が左ハンドルのみというところにある。

4MATICのドライブトレインのレイアウト上、右側にステアリングユニットを取り回すことができない。つまりそれは構造上の問題であって、インポーターの意向はまったく含まれていない。ちなみに、日本と同じ左側通行のイギリス市場では右ハンドル化された廉価版のFRモデルを投入し、一気に販売を伸ばしたという。さらに生産を開始した中国での売れ行きも上々……と、メルセデスにとってGLKクラスは、なくてはならない販売の柱として着々と成長しているようなのだ。

とはいえ、現状のラインナップやライバルの動向を鑑みると、日本市場においてGLKにFRの右ハンドルモデルを追加するというシナリオはどうにも描きにくいわけで、日本におけるGLKクラスはドライブトレインが次世代以降へと進化しない限り、左ハンドル一択のまま頑張らざるを得ないことになる。みすみす商機を逃しているインポーターとしてはじくじたる思いもあるはずだ。
というのも、僕が見るにGLKクラスには、日常プラスαを賄うコンパクトSUVとして他にはない美点がある。ひとつは見切りの良さや小回り性能からくる取り回し。もうひとつは過度にアジリティーを追求することなく、地に根を張った落ち着いたライドフィール。いずれも派手さはなくも永きを共にするクルマとしては重要な性能といえよう。

マイナーチェンジを受けたGLKクラスは、最新のメルセデスのモードに沿って内外装がアップデートされた。特に全面的に手が加えられたインテリアは質感も大きく向上し、直近にフルモデルチェンジしたライバルに対しても、静的な商品力を互角としている。

ダッシュパネルにはアルミニウムトリムを採用、シルバーのエアコン吹き出し口が配される。
ダッシュパネルにはアルミニウムトリムを採用、シルバーのエアコン吹き出し口が配される。
 
メルセデス・ベンツGLK350 4MATICブルーエフィシェンシー/G63 AMG【海外試乗記】の画像
リアコンビネーションランプには光ファイバーとLEDを採用、デザインも変更された。またアンダーガード(クロム仕様はオプション)とクロムメッキのエグゾーストエンドも新しくなった。
リアコンビネーションランプには光ファイバーとLEDを採用、デザインも変更された。またアンダーガード(クロム仕様はオプション)とクロムメッキのエグゾーストエンドも新しくなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る