第249回:フェラーリの「門前町」を流す

2012.06.15 エッセイ

第249回:フェラーリの「門前町」を流す

エンツォの生家公開

「聖なる場所にふさわしくない」として怒ったキリストが屋台をなぎ倒して歩いたという聖書物語からわかるとおり、昔から神殿の前には自然と商人が集まってくる。
2012年3月、イタリア・モデナに「フェラーリ生家博物館」が開館した。エンツォ・フェラーリ(1898-1988年)の父アルフレードが鉄工所を営んでいた工場兼住宅である。伝説の人物の生家がなぜ、近年まで放置されてしまったかについては、自動車雑誌『CAR GRAPHIC』2012年7月号に詳しく記したので、ぜひお読みいただきたい。
内部の展示内容は、マラネッロにある「ガレリア・フェラーリ」が自動車中心に展開されているのに対し、こちらは人間エンツォ・フェラーリにスポットが当てられている。

ちなみに、所在地はパオロ・フェラーリ通り85番地という。エンツォの親戚か何かの名前かと思ったら、まったく関係ない、歴史上の俳優の名前だった。Ferrariさんはイタリアでも屈指に多い名字だから、仕方ないといえば仕方ない。
博物館広報の人によると、エンツォ・フェラーリ通りに改名したかったのだが、既存の通り名を変更するというのは、通り名が即、近隣住民の住所でもあるイタリアゆえ容易ではないことが判明し、当面断念したという。

オープンしたフェラーリ生家博物館。
オープンしたフェラーリ生家博物館。
生家の横には、モダンな新築の展示ホールが設けられている。
生家の横には、モダンな新築の展示ホールが設けられている。
すでに市内各地には、歴史施設を示す茶色の道標で、フェラーリ生家博物館の方向が示されている。
すでに市内各地には、歴史施設を示す茶色の道標で、フェラーリ生家博物館の方向が示されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。