ホンダが「バモス」「バモスホビオ」一部改良

2012.06.14 自動車ニュース
「ホンダ・バモスG」。ボディーカラーは新色のプレミアムミスティックナイト・パール。
「バモス」「バモスホビオ」一部改良

ホンダが「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良

本田技研工業は、軽自動車の「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良し、2012年6月15日に販売を開始すると発表した。

「ホンダ・バモスホビオG」。ボディーカラーは新色のバニラクレム。
「バモス」「バモスホビオ」一部改良

「バモス」の主な変更点は、新たに「G」タイプを設定し、3本メッキフロントグリル、リアバンパーガーニッシュ、13インチアルミホイールなどを標準で装備したこと。

一方、「バモスホビオ」は、こちらも新たに「G」タイプを設定し、ハーフシェイド・フロントウィンドウ(ガラス上部にぼかしが入る)、ユーティリティーフックを標準で装備した。また、水や汚れを拭き取れるワイパブルマット(カーゴルームフロアおよびリアシート背面)を商用の「Pro」グレードに標準装備とした。

さらに、「バモス」と「バモスホビオ」共通の変更点として、ボディーカラーに、バニラクレム、ピンクゴールド・メタリック、プレミアムミスティックナイト・パールを新たに加え、全8色のカラーバリエーションとした。

価格は、「バモス」が124万6500円から143万3000円まで。「バモスホビオ」は「Pro」の120万3500円から「G」の141万3000円まで。

(webCG 小俣)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る