【スペック】R:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1240kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=254万6250円(テスト車=268万2750円/17インチパフォーマンスパッケージ&スポーツインテリアパッケージ=13万6500円)

スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【試乗記】

BRZにしかないもの 2012.06.14 試乗記 スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)
……268万2750円/225万7500円
水平対向エンジンを搭載したFRスポーツカー「スバルBRZ」。兄弟車となる「トヨタ86」との違いについては方々でリポートしているが、今回はその“違い”の重要性について考えた。

自分が主人公

新しい「BRZ」、なかなか印象がよろしい。今スバルが目指しているのは「まるで運転がうまくなったように感じる」こと。だからAWD(4WD)にこだわってきたんだが、FRであるBRZも「後輪駆動のAWDです」なんて訳わからんことを誇るのもわかる気がする。共同開発の「トヨタ86」とどう違うのか、みんな大騒ぎだが、簡単に言い切ると、86はヒラヒラ、BRZはしっとりしなやか。でも差はわずかなもので、ちょっと元気っぽく飛ばす程度じゃわからない。ヒラヒラの86だって、そこらで簡単にケツ振ったりしないし。

そんな僅差のポイントは、たぶんリアサスペンションの味付けにある。感じとしてBRZの方がリアスタビライザーを突っ張らせていないようなのだ。だからコーナーで内側のサスペンションが楽々と伸びて執拗(しつよう)に路面を捉える。路面の荒れたコーナーで、86の内輪が接地圧不足になり、一瞬シュッと空転してVSC(横滑り防止装置)が働くのと対照的だ。それによるリアの踏ん張り感を、シートを介して体感しやすいぶん、BRZ の方が“深く”思える。

それ以外は、ちょっとした外装やインテリアの違いだけで、両車まったく同じ。スバル育ちの水平対向エンジンゆえ重心もボンネットも着座姿勢も低く、最初のコーナーを駆け抜けただけで、ジワッと地面に貼りついてくれるのを実感。
全体のサイズも手頃だし、操作系も自然な位置で使いやすいし、これならクルマ好きは全員バンザイで大歓迎なのも当然だろう。NAの2リッターで200ps は頑張ったが、それ以上をターボなどで出そうとしなかった見識もマル。「クルマに走ってもらってる」んじゃなく、あくまで「自分が主人公として操作している」という実感も濃い。

「R」のインテリア。装着されるスポーツインテリアパッケージ(オプション)は、本革巻きステアリングホイールやハンドブレーキレバー、シフトブーツに赤いステッチが施され、アルミパッド付きスポーツペダル、シルバー加飾、ステンレス製サイドシルプレートが装備される。カーナビはディーラーオプション。
スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【短評】
フロントの低い位置に搭載される、自然吸気の2リッター水平対向4気筒エンジン。リッターあたり100psを発生する。
スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【短評】
【スペック】RA:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1200kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=205万8000円(テスト車=225万7500円/マニュアルエアコン=19万9500円)
スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)/スバルBRZ GTプロトタイプ(FR/6MT)【試乗記】 2016.7.5 試乗記 スバルのFRスポーツカー「BRZ」が、デビュー5年目にしてビッグマイナーチェンジを受けた。エンジン、ボディー、足まわりと、いたるところに改良を施したエンジニアのもくろみとは? クローズドコースで試した走りの実力を報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
ホームへ戻る