クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】R:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1240kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=254万6250円(テスト車=268万2750円/17インチパフォーマンスパッケージ&スポーツインテリアパッケージ=13万6500円)

スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【試乗記】

BRZにしかないもの 2012.06.14 試乗記 スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)
……268万2750円/225万7500円
水平対向エンジンを搭載したFRスポーツカー「スバルBRZ」。兄弟車となる「トヨタ86」との違いについては方々でリポートしているが、今回はその“違い”の重要性について考えた。

自分が主人公

新しい「BRZ」、なかなか印象がよろしい。今スバルが目指しているのは「まるで運転がうまくなったように感じる」こと。だからAWD(4WD)にこだわってきたんだが、FRであるBRZも「後輪駆動のAWDです」なんて訳わからんことを誇るのもわかる気がする。共同開発の「トヨタ86」とどう違うのか、みんな大騒ぎだが、簡単に言い切ると、86はヒラヒラ、BRZはしっとりしなやか。でも差はわずかなもので、ちょっと元気っぽく飛ばす程度じゃわからない。ヒラヒラの86だって、そこらで簡単にケツ振ったりしないし。

そんな僅差のポイントは、たぶんリアサスペンションの味付けにある。感じとしてBRZの方がリアスタビライザーを突っ張らせていないようなのだ。だからコーナーで内側のサスペンションが楽々と伸びて執拗(しつよう)に路面を捉える。路面の荒れたコーナーで、86の内輪が接地圧不足になり、一瞬シュッと空転してVSC(横滑り防止装置)が働くのと対照的だ。それによるリアの踏ん張り感を、シートを介して体感しやすいぶん、BRZ の方が“深く”思える。

それ以外は、ちょっとした外装やインテリアの違いだけで、両車まったく同じ。スバル育ちの水平対向エンジンゆえ重心もボンネットも着座姿勢も低く、最初のコーナーを駆け抜けただけで、ジワッと地面に貼りついてくれるのを実感。
全体のサイズも手頃だし、操作系も自然な位置で使いやすいし、これならクルマ好きは全員バンザイで大歓迎なのも当然だろう。NAの2リッターで200ps は頑張ったが、それ以上をターボなどで出そうとしなかった見識もマル。「クルマに走ってもらってる」んじゃなく、あくまで「自分が主人公として操作している」という実感も濃い。

「R」のインテリア。装着されるスポーツインテリアパッケージ(オプション)は、本革巻きステアリングホイールやハンドブレーキレバー、シフトブーツに赤いステッチが施され、アルミパッド付きスポーツペダル、シルバー加飾、ステンレス製サイドシルプレートが装備される。カーナビはディーラーオプション。
「R」のインテリア。装着されるスポーツインテリアパッケージ(オプション)は、本革巻きステアリングホイールやハンドブレーキレバー、シフトブーツに赤いステッチが施され、アルミパッド付きスポーツペダル、シルバー加飾、ステンレス製サイドシルプレートが装備される。カーナビはディーラーオプション。 拡大
フロントの低い位置に搭載される、自然吸気の2リッター水平対向4気筒エンジン。リッターあたり100psを発生する。
フロントの低い位置に搭載される、自然吸気の2リッター水平対向4気筒エンジン。リッターあたり100psを発生する。 拡大
【スペック】RA:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1200kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=205万8000円(テスト車=225万7500円/マニュアルエアコン=19万9500円)
【スペック】RA:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1200kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=205万8000円(テスト車=225万7500円/マニュアルエアコン=19万9500円) 拡大

ATも楽しめる

そのうえで、取りあえず走り最優先のマニアは6段MTにこだわるだろうが、一見スポーツカーらしくなさそうな6段ATも意外な収穫だ。普通に乗れば普通で、都会のおしゃれパーソナルカーとして最適だが、スポーツスイッチ(シフトレバーの後方なので、大きく下を向かないと操作しにくい)を入れると性格も激変し、慣れたドライバーならMTより機敏に楽しめる要素もある。

このモードでコーナーに進入すると、ブレーキングの後半で「そうだよ、このギアまで落としたかったんだよ」と、まるで気持ちを読まれたかのように、一瞬「ブンッ」と吹けてシフトダウンが起き、そのまま次の加速に移れる。大げさに言えば、フルオートが許されていた時代のF1みたいだ。
これを利用すると、安心して左足ブレーキングを駆使できるから、チョンチョン前輪荷重を調節しながら、素早い曲がり込みのきっかけもつかめる。
もちろんMTにはオーソドックスなドライビング感覚の良さが濃いが、それならアクセルペダルをもっと下まで延ばすとかオルガン式にしてくれた方が、ヒール・アンド・トウが容易になる。

そんなスバルBRZ 、もうちょい景気が回復すれば衝動買いできそうな価格帯も魅力で、特に気になったのが本体200万円(税抜き)を切る「RA」というグレード。エアコン、オーディオもなしが標準で、ホイールがスチールならタイヤも205/55R16と小さめだ。しかし、そのぶん上級グレードより40kg軽く、重量配分も前55.8:後44.2(上級車は前56.4:後43.6)と少〜しだけ50:50に近い。
何か違いを体感できるわけではないが、“スバリスト”は細部にこだわる。乗ってみても、細めのタイヤならではの素直さが好ましかったりする。本来は、あれこれ気に入った部品と交換して競技車両を仕立てるためのベース車という位置付けなのだが、これはこれでスポーツカーとして“あり”だ。

「RA」のインテリア。標準はエアコンレス(ヒーター機能のみ)、オーディオレスとなるが、テスト車にはオプションのマニュアルエアコンが装備されていた。
「RA」のインテリア。標準はエアコンレス(ヒーター機能のみ)、オーディオレスとなるが、テスト車にはオプションのマニュアルエアコンが装備されていた。 拡大
「スバルBRZ」には、6段MTと6段AT(写真)、2種類のトランスミッションが用意される。
「スバルBRZ」には、6段MTと6段AT(写真)、2種類のトランスミッションが用意される。 拡大
スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大

ブランドごとの魅力の明確化

もう1台テストしたのは、標準グレード「R」に17インチタイヤを装着したモデルだったが、前述の秀作ATのためもあり、瞬間芸のスポーツカーというより快適なGTという印象が強い。これに大きなダッフルバッグを放り込んで、長〜い旅に出たいなあとか、ついつい思ってしまった。

そこで気になったのが、BRZと86が双生児であることを、果たして熱心な“スバリスト”が容認するかどうかということ。軽いベースグレードが最もスポーティーで、上級グレードがGT的なのは86もまったく同じ。共同開発で得たものは多いだろうが、薄まった要素もあるだろう。
だったら、せめてBRZだけはハッチバックにするとか、思い切って違いを出してほしかった。トヨタ関係者は「スバルさんはコスト意識が薄いですねぇ」と苦笑するが、だからこそ、こんな面倒くさいエンジンを今まで守ってきたのではないか。

そのうえで「BRZにしかないもの」と「86だけのもの」をもっと明確にすることによって、それぞれの魅力も増幅するに違いない。たしかに、そうすればトヨタ側が顔をしかめるほど高価になるかもしれないが、いいじゃないか、「買いやすい86」と「高いけどスバルだぜ」が両方あっても。“スバリスト”としては、ちょっとやそっと余分に払っても、少数派であることが自尊心の源だったりする。
これからのクルマ界、共通プラットフォーム戦略はますます常識化するだろうから、なおさらブランドごとの雰囲気作りが重要度を増すと思うんだが。

(文=熊倉重春/写真=郡大二郎)

トリコットのシート表皮が用いられる「RA」のインテリア。最上級グレード「S」に限り、アルカンターラとレザーのコンビシートがオプションで選べる。
トリコットのシート表皮が用いられる「RA」のインテリア。最上級グレード「S」に限り、アルカンターラとレザーのコンビシートがオプションで選べる。 拡大
「R」に装着されていたのはオプションの215/45R17タイヤとガンメタリック塗装の17インチアルミホイール。
「R」に装着されていたのはオプションの215/45R17タイヤとガンメタリック塗装の17インチアルミホイール。 拡大
スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【試乗記】の画像 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事