【スペック】R:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1240kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=254万6250円(テスト車=268万2750円/17インチパフォーマンスパッケージ&スポーツインテリアパッケージ=13万6500円)

スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)【試乗記】

BRZにしかないもの 2012.06.14 試乗記 スバルBRZ R(FR/6AT)/RA(FR/6MT)
……268万2750円/225万7500円
水平対向エンジンを搭載したFRスポーツカー「スバルBRZ」。兄弟車となる「トヨタ86」との違いについては方々でリポートしているが、今回はその“違い”の重要性について考えた。

自分が主人公

新しい「BRZ」、なかなか印象がよろしい。今スバルが目指しているのは「まるで運転がうまくなったように感じる」こと。だからAWD(4WD)にこだわってきたんだが、FRであるBRZも「後輪駆動のAWDです」なんて訳わからんことを誇るのもわかる気がする。共同開発の「トヨタ86」とどう違うのか、みんな大騒ぎだが、簡単に言い切ると、86はヒラヒラ、BRZはしっとりしなやか。でも差はわずかなもので、ちょっと元気っぽく飛ばす程度じゃわからない。ヒラヒラの86だって、そこらで簡単にケツ振ったりしないし。

そんな僅差のポイントは、たぶんリアサスペンションの味付けにある。感じとしてBRZの方がリアスタビライザーを突っ張らせていないようなのだ。だからコーナーで内側のサスペンションが楽々と伸びて執拗(しつよう)に路面を捉える。路面の荒れたコーナーで、86の内輪が接地圧不足になり、一瞬シュッと空転してVSC(横滑り防止装置)が働くのと対照的だ。それによるリアの踏ん張り感を、シートを介して体感しやすいぶん、BRZ の方が“深く”思える。

それ以外は、ちょっとした外装やインテリアの違いだけで、両車まったく同じ。スバル育ちの水平対向エンジンゆえ重心もボンネットも着座姿勢も低く、最初のコーナーを駆け抜けただけで、ジワッと地面に貼りついてくれるのを実感。
全体のサイズも手頃だし、操作系も自然な位置で使いやすいし、これならクルマ好きは全員バンザイで大歓迎なのも当然だろう。NAの2リッターで200ps は頑張ったが、それ以上をターボなどで出そうとしなかった見識もマル。「クルマに走ってもらってる」んじゃなく、あくまで「自分が主人公として操作している」という実感も濃い。

「R」のインテリア。装着されるスポーツインテリアパッケージ(オプション)は、本革巻きステアリングホイールやハンドブレーキレバー、シフトブーツに赤いステッチが施され、アルミパッド付きスポーツペダル、シルバー加飾、ステンレス製サイドシルプレートが装備される。カーナビはディーラーオプション。
「R」のインテリア。装着されるスポーツインテリアパッケージ(オプション)は、本革巻きステアリングホイールやハンドブレーキレバー、シフトブーツに赤いステッチが施され、アルミパッド付きスポーツペダル、シルバー加飾、ステンレス製サイドシルプレートが装備される。カーナビはディーラーオプション。
フロントの低い位置に搭載される、自然吸気の2リッター水平対向4気筒エンジン。リッターあたり100psを発生する。
フロントの低い位置に搭載される、自然吸気の2リッター水平対向4気筒エンジン。リッターあたり100psを発生する。
【スペック】RA:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1200kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=205万8000円(テスト車=225万7500円/マニュアルエアコン=19万9500円)
【スペック】RA:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1200kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/価格=205万8000円(テスト車=225万7500円/マニュアルエアコン=19万9500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】NEW 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る