【スペック】全長×全幅×全高=4199×1786×1480mm/ホイールベース=2578mm/車重=1545kg/駆動方式=FF/交流同期電動機(永久磁石式同期型モーター)(最高出力85kW<115ps>、定格出力50kW<68ps>、最大トルク270Nm<27.5kgm>)※プロトタイプ

フォルクスワーゲン・ゴルフ ブルー e モーション プロトタイプ(FF/1AT)【試乗記】

未来はそれほど遠くない 2012.06.12 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフ ブルー e モーション プロトタイプ(FF/1AT)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」ベースの電気自動車が日本にやってきた。2013年の本国発売を前にして、その仕上がり具合はいかに?

航続距離は150km

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の電気自動車、「フォルクスワーゲン・ゴルフ ブルー e モーション」に乗る機会を得た。同車を使った国際的な体験ツアーが企画され、ドイツ、イギリス、オランダなど西欧8カ国に加え、日本でも試乗会が開催されたのだ。体験ツアーに用意された合計24台のゴルフ e モーションのうち、5台が日本にやってきた。

ゴルフ e モーションは、ゴルフVIの後席および荷室床下にリチウムイオンバッテリーを搭載し、フロントに搭載されたモーターを駆動するピュア電気自動車(EV)である。ノーマルゴルフとの外観上の違いはあまりないが、注意深く観察すると、ノーズの黒いグリルがダミーになり、後ろ姿ではテールにパイプがないことに気がつくかもしれない。そのほか、ルーフにはソーラーパネルが装着される。ここで発電した電気は、車両の電装システムと換気システムに用いられる。

充電口は、フロントの「VW」マークと右Cピラーの旧給油口に設けられる。欧州工業規格に準じた三相400VのAC電源と、家庭用220/230V電源に対応。後者では、5時間ほどでフル充電可能だという。
フォルクスワーゲンが支持する充電方式は、「コンボ充電システム」と呼ばれるタイプで、先行する日本の「CHAdeMO(チャデモ)」に対抗して、ドイツおよびアメリカの自動車メーカーが推奨する方式だ。充電口が一つですみ、コストを抑えられるのがウリ。もちろん、充電器とクルマ間の通信プロトコルもチャデモ方式とは異なる。

充電を受ける側、ゴルフ e モーションのバッテリー容量は26.5kWh。リチウムイオンバッテリーを6個ずつ束ねたモジュールを30ユニット集めたもので、総重量は315kgだ。気になる航続距離は、「まだ開発中」との注釈付きで150kmとされる。
ドイツ連邦統計局がまとめた数値によると、就業者の6割が通勤にクルマを使い、うち45.8%が片道10km以下、28.1%が10〜25km、それ以上の距離をクルマで走るユーザーは16.2%にすぎないという。ゴルフ e モーションの航続距離は、もちろんエアコンやヒーターの使用状況にもよるが、日常的な用途には「まず十分」ということだ。

国際的な体験ツアーが開催され、日本には計5台が上陸。
国際的な体験ツアーが開催され、日本には計5台が上陸。
充電用ポートは二つある。一つ目はノーズのエンブレムの下。
充電用ポートは二つある。一つ目はノーズのエンブレムの下。
もう一つはCピラーのフューエルリッド下にある。
もう一つはCピラーのフューエルリッド下にある。
サンルーフ部にはソーラーパネルが装着される。換気装置などに電気を供給し、駐車中の車内温度の上昇を防ぐ。
サンルーフ部にはソーラーパネルが装着される。換気装置などに電気を供給し、駐車中の車内温度の上昇を防ぐ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る