スズキ、「スプラッシュ」をマイナーチェンジ

2012.06.12 自動車ニュース

スズキ、「スプラッシュ」をマイナーチェンジし発売

スズキは2012年6月12日、ハンガリーで生産されるコンパクトカー「スプラッシュ」をマイナーチェンジし、7月30日に発売すると発表した。


今回のマイナーチェンジの主眼は、内外装デザインのリフレッシュで、エクステリアでは大きな開口部を持つフロントグリルや新デザインのフロント/リアバンパーを採用。ボンネットフード、フォグランプベゼルのデザインも新しくされた。

インテリアでは、ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュを採用。ボディーカラーによって複数設定のあったドアトリムおよびシート表皮は、ブラック基調のものに統一された。

ボディーカラーは新色「スパークリングブルーメタリック」のほか「カシミールブルーメタリック4」「スペリアホワイト」「コスミックブラックパール」の全4色が設定される。

価格は128万7300円。

(webCG)


スズキ・スプラッシュ
スズキ・スプラッシュ 拡大

関連キーワード:
スプラッシュスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る