「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開

2012.06.11 自動車ニュース

アストン・マーティン、限定車「V12ザガート」を都内で披露

アストンマーティン・アジアパシフィックは2012年6月10日、限定車の「V12ザガート」を都内でプレス関係者およびカスタマーにお披露目した。

「V12ザガート」は、1960年代初めに生産された「DB4GTザガート」の生誕50周年を記念して企画された高性能モデル。その名のとおり、アストン・マーティンとイタリアのカロッツェリアであるザガートとのコラボレーションによるものだ。

V12ザガートは、まずそのコンセプトカーが2011年5月、イタリア北部コモ湖畔で開催されたクラシックカーのコンテスト「コンコルソ・ヴィラ・デステ」に登場した。その年の6月にはレース仕様車がニュルブルクリンク24時間レースに参戦し、2012年のジュネーブショーには市販モデルが姿を見せた。そして今回、日本で初めて公開された。

ベース車両は「V12ヴァンテージ」。517psの最高出力と58.1kgmの最大トルクを発生するオールアロイの6リッター48バルブV12エンジンや、6段マニュアルトランスミッション、前後ダブルウィッシュボーンのサスペンション、カーボンセラミック・ブレーキシステムといったV12ヴァンテージの基本コンポーネンツはそのままに、エクステリアとインテリアにザガート流のモディファイが施されている。

大きく口を開けたグリル、ボディーサイドの大きなエアアウトレット、マッシブなリアフェンダー、ダブルバブル形状のルーフ、リアウイング、赤いステッチに彩られたバケットシートなどが、レーシーかつアグレッシブなムードを醸し出す。エレガントなスタイルのV12ヴァンテージに比べると、ずっと野性的である。職人のハンドワークによって仕立てられるボディーは、限定車「ONE-77」で培われた軽量化が図られ、ボンネット、ルーフ、ドアはアルミニウム製、前後のフェンダー、トランクリッドにはカーボンコポジット素材が使用される。

このV12ザガートは、全世界で150台の限定。限られたカスタマーのために用意されたスーパーなアストンである。今年秋からデリバリーが始まる予定で、日本での価格はまだ発表されていない。

(文=阪和明/写真=アストンマーティン・アジアパシフィック)

アストン・マーティンV12ザガート
アストン・マーティンV12ザガート

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る