第451回:日本も学べる(?)中国自動車事情 新婚さん、“すてきなカーライフに”いらっしゃ〜い!?

2012.06.11 エッセイ

第451回:日本も学べる(?)中国自動車事情新婚さん、“すてきなカーライフに”いらっしゃ〜い!?

何でも、自動車熱が高まる中国には「新婚夫婦を対象にした自動車メディア」があるのだとか……?
現地で話を聞いてきた、小沢コージのリポート。

クルマ売るなら新婚さん!?

新車ネタも飽きたので(?)、今回はちょい“暇ネタ”を。
この4月に取材してきた北京ショーで、不肖・小沢が一番驚かされたコレ! 『新婚购车指南』というサービスだ。

直訳すると“新婚さん向けクルマ選び”ってことになる。ショーへのブース出展は、今年が初。「そんなの、本当にウケるの!?」と思ったら、今年の2月にはウェブサイトもオープンしていて、中国の大手ポータルサイト『新浪』から3000組、他からも1万組のリクエストがあったという。

驚きの大好評。今回の北京ショーでも何組かカップルをアテンドしたというのだが……。なぜそんなにウケるかって? まずは何より、「圧倒的な潜在需要があるから」なのだ。

「中国では、年1000万組のカップル、つまり2000万人(!)の“新婚さん”が生まれます。結婚するとクルマを買うというケースが多いですから、それだけでも大変多くの需要につながるんです」とは、若き編集長の曹リリーさん(31歳)。

なんと驚きの1000万組!! その1割でも100万台。ぶっちゃけ、小さな国なら一国分の需要になる。
実は曹さんは、既存の『中国汽車市場』という自動車メディアの編集部員で、自身も2011年に結婚している。その後、「クルマ選びで悩むことがとても多かったので、この新しい媒体を思いついた」そうな。

「北京ショー2012」の会場で、『新婚购车指南』の編集長 曹さん(写真右)と。
「北京ショー2012」の会場で、『新婚购车指南』の編集長 曹さん(写真右)と。
『新婚购车指南』のロゴマーク。クルマのイラストの代わりに、ウエディングリングがキラリと光る。
『新婚购车指南』のロゴマーク。クルマのイラストの代わりに、ウエディングリングがキラリと光る。
現地で新婚さんにおすすめのクルマたち(?)。ドイツ車や日本車の姿がちらほら。
現地で新婚さんにおすすめのクルマたち(?)。ドイツ車や日本車の姿がちらほら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』