「スズキ・アルト」が一部仕様変更

2012.06.11 自動車ニュース
スズキ・アルトX
「スズキ・アルト」が一部仕様変更

「スズキ・アルト」が一部仕様変更

スズキは2012年6月11日、軽乗用車「アルト」の一部仕様を変更して発売した。

スズキ・アルトECO-S
「スズキ・アルト」が一部仕様変更

今回の仕様変更では、燃費効率が良い状態をドライバーに知らせるエコドライブインジケーターと、ISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを、一部仕様を除く全機種に装備した。

さらに、「F」グレードの4WDモデルは、トランスミッションをATからCVTへ変更し、燃費を21.8km/リッター(+1.8km/リッター)へ向上させた。これにより、「アルト」の乗用タイプは全機種が環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の50%減税対象に適合した。

「アルト エコ」シリーズについては、車両重量を10kg軽量化し、これに加えて前後のエンブレムを青色メッキを施した専用品とし、差別化を図った。

価格は商用タイプが67万7250円から88万4100円まで。乗用タイプが80万8500円から110万9850円まで。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る