「スズキ・アルト」が一部仕様変更

2012.06.11 自動車ニュース
スズキ・アルトX
「スズキ・アルト」が一部仕様変更

「スズキ・アルト」が一部仕様変更

スズキは2012年6月11日、軽乗用車「アルト」の一部仕様を変更して発売した。

スズキ・アルトECO-S
「スズキ・アルト」が一部仕様変更

今回の仕様変更では、燃費効率が良い状態をドライバーに知らせるエコドライブインジケーターと、ISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを、一部仕様を除く全機種に装備した。

さらに、「F」グレードの4WDモデルは、トランスミッションをATからCVTへ変更し、燃費を21.8km/リッター(+1.8km/リッター)へ向上させた。これにより、「アルト」の乗用タイプは全機種が環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の50%減税対象に適合した。

「アルト エコ」シリーズについては、車両重量を10kg軽量化し、これに加えて前後のエンブレムを青色メッキを施した専用品とし、差別化を図った。

価格は商用タイプが67万7250円から88万4100円まで。乗用タイプが80万8500円から110万9850円まで。

(webCG)

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
ホームへ戻る