【スペック】全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm/ホイールベース=2450mm/車重=未公表(900kg未満)/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ/価格=未定 ※試乗車は日本仕様のプロトタイプ

三菱ミラージュ プロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】

100万円ちょっとの賢い選択 2012.06.11 試乗記 三菱ミラージュ プロトタイプ(FF/CVT)

三菱自動車が10年ぶりに投入する新作コンパクトカー「ミラージュ」はメイド・イン・タイランド。8月末に発売される日本仕様のプロトタイプにチョイ乗りするとともに、ベストセラーの「ホンダ・フィット」との違いも考えてみた。

10年ぶりの復活

「三菱ミラージュを試乗してもらえませんか?」。webCG編集部の竹下さんからメールが届いた時、正直、かなりとまどった。筆者は故あって中国の自動車産業を長年ウオッチしており、webCGでは北京モーターショーのリポートを書かせてもらったことがある。しかし、いわゆるモータージャーナリストではない。もちろんクルマは運転するが、「試乗記」なんて書いた経験がないのだ。

真意を測りかねていると、竹下さんが事情を説明してくれた。8月に発売予定の新型ミラージュは、タイの工場で生産され日本に輸入される。今回試乗できるのは日本仕様のプロトタイプで、量産モデルでは一部の装備やセッティングが変更される可能性がある。さらに、試乗会はホテルの駐車場で行われるため、できるのはチョイ乗り程度。公道のワインディングに持ち出してパワーやハンドリングを試すような本格的な試乗は望むべくもない。

ならばいっそ、「日産マーチ」に続いてタイ製となったミラージュが日本市場でどこまで通用しそうか、産業ウオッチャーの視点で記事を書いてほしいというのが竹下さんの要望。しかも、日本のコンパクトカーのベストセラーでありメイド・イン・ジャパンの「ホンダ・フィット」を比較対象として用意してくれるという。なるほど、それなら筆者にもできそうだし、面白そうだ。そう考えてお引き受けし、フィットを駆って試乗会場の大磯プリンスホテルに向かった。

前置きが長くなったが、ミラージュは三菱自動車が「コルト」の後継として実に10年ぶりに投入する新作コンパクトカーである。年齢が40代半ば以上のクルマ好きなら、その車名に懐かしさを覚えるだろう。1978年に登場した初代ミラージュは直線基調のスタイリッシュなデザインのハッチバックで、80年代は三菱を代表する小型車だった。しかし、90年代以降は次第に影が薄くなり、2002年にいったん消滅してしまう。新型ミラージュは車名も10年ぶりの復活なのだ。

2012年7月末に正式発表され、8月末に発売される予定の新型「ミラージュ」。新興国ではエントリーカー、先進国では環境対応車という二つのニーズを満たす。
三菱ミラージュ(FF/CVT)【短評】
シリアルプレートにTHAILANDの文字が確認できる。生産はミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)のラムチャバン工場で行われる。
三菱ミラージュ(FF/CVT)【短評】
インストゥルメントパネルの造形はシンプル。各部の分割を減らして合わせの精度を高め、ピアノブラック調センターパネルを配して上質感を演出している。
三菱ミラージュ(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る