【スペック】全長×全幅×全高=3745×1685×1385mm/ホイールベース=2465mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=377万円(テスト車=432万2270円)

MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)【試乗記】

街で乗れるゴーカート 2012.06.06 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)
……432万2270円

MINIブランド6番目のボディーバリエーションとして、2012年春に納車が開始された「MINIロードスター」。シリーズ初となる2シーターオープンの乗り味を、184psを発生する「クーパーS」で試した。

お二人様限定

主婦の友社が女性に行った「男性に乗ってほしいクルマ」の調査によると、オープンカーは、軽自動車やコンパクトカーより人気がないそうだ。人気は、エコカー、ステーションワゴン、セダンだそう。いかにも大ざっぱな分類で「どこまで信用していいのか?」と思わないでもないが、クルマ好きならぬ世間一般の「オープンカー」に対する評価は、なかなか厳しいものがある。

オープンカー乗りがエコカーやステーションワゴンに買い換えたら、たちまちモテモテ!……ならば、すぐにでも乗り換えを勧めたいところだが、どうもそういうわけでもないようなので、オープン好きは、そのままほろ型のクルマに乗り続けたほうがいいだろう。「ん? オープンカーに乗ってるけど、モテてるよ!」という人こそ、次の愛車として「MINIロードスター」を検討してただきたい。

MINIロードスターは、「MINIクーペ」の屋根開きタイプである。MINIのオープンモデルには、3ドアハッチをベースにした「MINIコンバーチブル」があるが、4人乗りのコンバーチブルに対し、ロードスターは2人乗り。小粋なイタリア車なら、ホイールベースを短縮してボディーを詰めて、見た目もドライブフィールも軽快感を演出するところだが、こちらはけちな……、失礼! 堅実なアングロ-ゲルマン連合のブランドゆえ、ホイールベースは3ドアハッチやコンバーチブルと変わらない2465mm。全長も、小指の先と違わない3740mmだ。

リアデッキ付きの3ボックスフォルムとされた、「MINIロードスター」のサイドビュー。
リアデッキ付きの3ボックスフォルムとされた、「MINIロードスター」のサイドビュー。
ラゲッジルーム容量は、「MINIクーペ」よりも40リッター小さい240リッター。
ラゲッジルーム容量は、「MINIクーペ」よりも40リッター小さい240リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る