【スペック】全長×全幅×全高=4491×1808×1295mm/ホイールベース=2450mm/車重=1450kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6 DOHC24バルブ(400ps/7400rpm、44.9kgm/5600rpm)/価格=1456万円(テスト車=1920万9000円)

ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】

上がれるクルマ 2012.06.05 試乗記 ポルシェ911カレラS(RR/7AT)
……1920万9000円

ついに400psに到達した、新型「911カレラS」に試乗。雨の房総半島で、その進化について考えた。

新型はどう変わった?

新型「ポルシェ911」(991型)は先代(997型)に似た姿で登場した。マニアにとっては歴代どのモデルチェンジも“とんでもなく変わった”んだろうが、クルマは好きで911も好きだけど、忙しいし、すぐ買えるわけじゃないから毎日911のことを考えているわけにもいかない……という人からすれば、この20年で最も見た目の変わらないフルモデルチェンジと映るだろう。実際には新型は先代より56mm長く、幅は同じで7mm低く、ホイールベースは100mmも長いからディメンションは結構違うのだが、そうした違いを見る者に感じさせず、多分自他ともに認めるカッコよさだった先代と同じように見せる努力をしたはずだ。

911は毎回ライバルを引き離す魅力、実力を備えて登場し、出てからも細かく改善され、それでも何年かたってようやくライバルが追いついてきて、細かい変更ではどうにもならないと判断しない限りはフルモデルチェンジしないので、切り替わったということは、少なくとも中身は一新したと考えるべきだ。どう変わったか。「カレラS」のPDK仕様で見てみよう。

まずは軽くなった。環境対策、安全対策などで60kgほどの増加要素があったものの、ボディーのアルミ使用比率を高めるなどして100kgダイエットし、差し引き40kgの軽量化に成功している。次に、軽量化もそのためだが、燃費がよくなった。新型は走行中にアクセルをオフにするとタコメーターがストンと落ちる。これはコースティング機能といって、アクセルペダルを戻すとクラッチが切れ、慣性だけで走って燃費を稼ぐためのもの。コースティング時の速度低下は思いのほか緩やかで、クルマ全体のフリクションの少なさを感じさせる。少しでもブレーキペダルを踏めばクラッチがつながり、きちんとエンジンブレーキも効かせられる。当然、アクセルペダルを踏めばすぐにクラッチがつながって再加速できる。

同じく初採用のアイドリングストップが始動後ほどなくして機能し始め、積極的にエンジンがプスプス止まる。そのたびに、911ですら“いい子でいること”と無縁でいられないのだなと、特権や例外を認めない世知辛さを嘆きたくなるが、フェラーリだってアイドリングストップする時代だ。911も止めて当然といえば当然だろう。このほか、パワステを電動化したり、空力性能を向上させたりと地味な努力も積み重ね、燃費を約17%改善したという。とはいっても、日本のエコカー減税/補助金が適用されるわけではない。念のため。

試乗車にはオプションのアダプティブスポーツシートプラスが装着されていた。18ウェイの電動調節機能を備えたこのシートは、前後位置、高さ、座面とバックレストの角度、座面の長さ、4ウェイランバーサポートの調節が可能となるほか、ステアリングコラムの電動調節機能も組み込まれる。
試乗車にはオプションのアダプティブスポーツシートプラスが装着されていた。18ウェイの電動調節機能を備えたこのシートは、前後位置、高さ、座面とバックレストの角度、座面の長さ、4ウェイランバーサポートの調節が可能となるほか、ステアリングコラムの電動調節機能も組み込まれる。
先代と異なり、エンジンフードとは別体になったリアスポイラー。120km/hで自動でせり出し、80km/hを下回ると格納される。室内のスイッチでも操作が可能。
先代と異なり、エンジンフードとは別体になったリアスポイラー。120km/hで自動でせり出し、80km/hを下回ると格納される。室内のスイッチでも操作が可能。
400psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。997型の「カレラS」よりも最高出力が15ps、最大トルクは2.1kgmアップしている。ただしその姿は、ご覧のとおり(?)ほとんど見えない。
400psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。997型の「カレラS」よりも最高出力が15ps、最大トルクは2.1kgmアップしている。ただしその姿は、ご覧のとおり(?)ほとんど見えない。
ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る