トヨタ、「イスト」を一部改良

2012.06.01 自動車ニュース

トヨタ、「イスト」を一部改良

トヨタ自動車は2012年6月1日、コンパクトカー「イスト」を一部改良し、発売した。

今回の一部改良の主眼は安全性の向上で、リア中央席に3点式シートベルトとヘッドレストが装備されたほか、VSC(スタビリティー・コントロール)&TRC(トラクション・コントロール)が全車標準装備となった。

また、メーターデザインの変更や、新しい外板色「ブルーメタリック」の設定なども行われた。

価格は163万5000円(「150X“Cパッケージ”」FF車)から209万5000円(「150G」4WD車)」。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る