第148回:イエローキャブの現代事情 「日産NV200」がNYの次世代タクシーに選ばれた背景

2012.05.31 エディターから一言

第148回:イエローキャブの現代事情「日産NV200」がNYの次世代タクシーに選ばれた背景

毎日60万人のニューヨーカーが利用するイエローキャブ。その次世代を担う車両に「日産NV200」が選ばれた。今、ニューヨークを走る公共のクルマの間には、こんな“風”が吹いている。

フルサイズも今や昔

アメリカのクルマが急速に小さくなっていることは、「キャデラックSRXクロスオーバー」の原稿に書いた(記事へリンク)。路上には日米欧の小型・中型車が増え、窓からハミ出んばかりに巨漢が収まった「MINI」や「チンクエチェント」も珍しくない。それらが決して一過性の流行ではないのは、公共のクルマも端からダウンサイズされていることが示している。

例えば、今までは警察のパトカーは必ずアメリカ製のフルサイズセダンだった。しかし、「シボレー・インパラ」(かつてのフルサイズサルーンは、今は中型セダンとして再登場)や、「フォード・フュージョン」などの中型アメリカ車に取って代わられている。アメリカ製というと、「日産アルティマ」などもマンハッタンのパトカーに採用されている。

また、シェリフと呼ばれる地方の保安官の多くはフォードの「エクスプローラー」や「エクスペディション」などに乗っていたものだが、彼らも同じSUVでもより小さく、軽い「エスケープ」に乗り換えるなどしている。

公共のクルマといえば、タクシーにも同様な変化が見られる。アメリカではニューヨークのタクシーが“イエローキャブ”と呼ばれ、同市のアイコンと化しているが、それもダウンサイジングと無縁ではない。今までは「フォード・クラウンビクトリア」や、そのリンカーン版である「タウンカー」の独壇場だったが、昨年マンハッタンを訪れたら、多彩な車種が用いられているのに驚かされた。

イエローキャブにも“ダウンサイジング”の波。
イエローキャブにも“ダウンサイジング”の波。
フルサイズセダンだけではなく、中型セダン、そしてSUVもイエローキャブとして活躍している。
フルサイズセダンだけではなく、中型セダン、そしてSUVもイエローキャブとして活躍している。
 
第148回:イエローキャブの現代事情 「日産NV200」がNYの次世代タクシーに選ばれた背景の画像
関連記事 ホームへ戻る