クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】カローラ アクシオ1.3X:全長×全幅×全高=4360×1695×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=139万5000円(テスト車=140万5500円/オーディオレス4スピーカー=1万500円)

トヨタ・カローラ アクシオ1.3X(FF/CVT)/カローラ フィールダー1.8S(FF/CVT)【試乗記】

ニッポンの事情 2012.05.31 試乗記 トヨタ・カローラ アクシオ1.3X(FF/CVT)/カローラ フィールダー1.8S(FF/CVT)
……140万5500円/212万550円


「トヨタ・カローラ」がフルモデルチェンジした。ニッポンの伝統的コンパクトセダン/ワゴンはどう進化したのか? 2世代ぶりに復活した1.3リッターの「アクシオ」と、1.8リッターの上級版「フィールダー」を試した。

ハイブリッドは見送りに

コンパクトハッチやミニバンや軽自動車が繁栄するなか、減ってはいるが、それでも「カローラのお客さん」は確実にいる。むしろ浮動層が減ることで、「カローラでなきゃ」というユーザーの割合は増えている。そんな人たちのために「ニッポンのカローラ」をもう一度見つめ直しました、というのがこの11代目である。「グローバルに考えていると、どうしても最大公約数的なクルマになってしまうので……」とは、藤田博也チーフエンジニアの言葉だ。

アメリカで売っている「カローラ」は、太りに太って今や全長4555mm、全幅1760mmだが、今度の新型は5ナンバー幅に収めたのはもちろんのこと、フロントのオーバーハングを詰めて、全長を旧型より5cmカットの4360mm(アクシオ)とした。カローラのお客さんでボディーの大型化を望んでいる人は少ない、という現実を反映した結果だ。

ボディーバリエーションはこれまでどおりセダン(アクシオ)とワゴン(フィールダー)のふたつ。セダンは1.8リッターが落とされたかわり、1.5リッターの下に1.3リッターが加わった。しかし、この時代にハイブリッドの品ぞろえは考えなかったのかと聞くと、もちろん検討はしたそうだ。だが、中心価格帯が150万円台という、これまでの販売状況から考えて、採用は見送ったという。

新型カローラの目玉はエンジンもCVTも大きく変わった1.5リッターモデルだが、今回は発売前とあっておあずけ。チョイ乗りできたのは1.3リッターの「アクシオ1.3X」と「フィールダー」の「1.8S」である。

「アクシオ」は、全長が50mm短縮され、最小回転半径は5.1mから4.9mへと小さくなった。
「アクシオ」は、全長が50mm短縮され、最小回転半径は5.1mから4.9mへと小さくなった。
拡大
「アクシオ1.3X」のインストゥルメントパネル。エアコンのスイッチは、センタークラスターの手の届きやすい位置に配された。
なお、試乗車に装着されているカジュアルナビ(2011年モデル)=12万9150円、バックガイドモニター=2万7300円、ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円はディーラーオプション。
「アクシオ1.3X」のインストゥルメントパネル。エアコンのスイッチは、センタークラスターの手の届きやすい位置に配された。
なお、試乗車に装着されているカジュアルナビ(2011年モデル)=12万9150円、バックガイドモニター=2万7300円、ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円はディーラーオプション。
拡大
【スペック】カローラ フィールダー1.8S:全長×全幅×全高=4360×1695×1465mm/ホイールベース=2600mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6200rpm、17.5kgm/4000rpm)/価格=202万5000円(テスト車=212万550円/185/60R15 84Hタイヤ&15×5.5Jアルミホイール=4万7250円/ルーフレール=3万1500円/寒冷地仕様=1万6800円)
【スペック】カローラ フィールダー1.8S:全長×全幅×全高=4360×1695×1465mm/ホイールベース=2600mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6200rpm、17.5kgm/4000rpm)/価格=202万5000円(テスト車=212万550円/185/60R15 84Hタイヤ&15×5.5Jアルミホイール=4万7250円/ルーフレール=3万1500円/寒冷地仕様=1万6800円) 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ミニマムなフォーマルカー

カローラのセダン、アクシオは実に4割が法人ユーザーだという。なかでもベーシックグレードの「X」はまさに「会社のカローラ」である。小さくても、トランクの付いたセダン。お客さんに見せても乗せても、ミニマムなフォーマルカーとして通用する。実際、町なかで路上観察していると、トランクに「X」のバッジをつけた白や銀の旧型カローラセダンの多いこと多いこと。「プリウス」ばかりがトヨタじゃないことを実感する。

新たに1.3リッターエンジンを得た新型アクシオXは、ひとことで言えば、プレーンなスモールサルーンである。CVTと組み合わされるエンジンは「ヴィッツ」と同じ95psの4気筒。なぜかヴィッツほどの滑らかさや静粛性は感じられず、その点では「レンタカーのカローラ」っぽくもあったが、もちろんそうしたフリートユースもアクシオXの大きなターゲットである。

試乗車はいかにも営業車的なグレーの内装だったが、アイボリーのシートに、ブラウンのファブリックでくるんだ内装パネル、なんていう組み合わせも選べる。安いクルマにそういうのって……、と思っている人がいたら、一度だまされたと思ってディーラーに見に行ってもらいたい、というくらい“なりおおせた”インテリアである。上級グレードのみかと思ったら、1.3Xにも「Gエディション」として用意されていた。そこまで奮発すると、「今日の不動産屋さんはクラウンで案内してくれた」と喜ばれるのかもしれない。

フロントシートは、サイドサポートの張り出しが見直され、骨盤上部のホールド性が高められた。
フロントシートは、サイドサポートの張り出しが見直され、骨盤上部のホールド性が高められた。
拡大
リアシートは、ニースペースが40mm拡大した。
リアシートは、ニースペースが40mm拡大した。
拡大
ラゲッジルームは従来型より12リッター広い、471リッター。ゴルフバッグを4個収納できる容量が確保された。
ラゲッジルームは従来型より12リッター広い、471リッター。ゴルフバッグを4個収納できる容量が確保された。
拡大

カローラ流の心遣いがそこかしこ

アクシオ1.3Xから乗り換えると、フィールダー1.8Sは別物のカローラである。エンジンはシリーズ別格の140ps。パワフルというか、もはや“速いクルマ”だ。足まわりも歴然とスポーティーである。

旧型でいうと、アクシオとフィールダーの販売比率は半々だという。アクシオの個人ユーザー平均年齢は60歳をゆうに超えるが、キムタクの活躍もあって、フィールダーは20代からも支持されている。しかし意外なことに、こちらも法人需要が3割を占めるという。つまりこのクルマも営業車としてだれが乗るかわからない。

そうした“カローラの事情”がもたらした新しい改良点は、視界の改善だ。フィールダーもアクシオもボディーの直近がよく見えて、狭いところでも取り回しに苦労しない。フロントピラーを後退させたり、ウエストラインを下げたり、ドアミラーをドアに付けるなどして、前方や斜め前方の死角を減らした成果である。

細かいところでは、4枚のドア内側にある取っ手部分が長くなった。そこを握って開閉するとき、ヒンジから遠ければ遠いほど軽い力でできる。わざわざ“ロングプルドアハンドル”という名前を付けている。でも、これがそんなに大層なことなのか!? と思ったかたは、ニッポンのカローラをご存じでない人である。

表立ってPRこそしていないが、開発中は、高齢者の動きが疑似体験できる高負荷スーツを着て使い勝手を評価したという。ダウンサイジングも、視界の改善も、ロングプルドアハンドルの採用も、ひとつにはユーザーのエイジングの問題と向き合った結果である。カローラの事情は、ニッポンの事情なのだった。

(文=下野康史/写真=郡大二郎)

「フィールダー」は、全長が60mm短縮された。最小回転半径は4.9m。荷室長は90mm伸びて970mmとなった。
「フィールダー」は、全長が60mm短縮された。最小回転半径は4.9m。荷室長は90mm伸びて970mmとなった。
拡大
「フィールダー」は、全モデルにブラック内装が採用された。プレミアムナビ G-BOOK mXモデル=18万1650円、バックガイドモニター=2万7300円、ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円はディーラーオプション。
「フィールダー」は、全モデルにブラック内装が採用された。プレミアムナビ G-BOOK mXモデル=18万1650円、バックガイドモニター=2万7300円、ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円はディーラーオプション。
拡大
画像をクリックすると、シートアレンジが見られます。
画像をクリックすると、シートアレンジが見られます。 拡大

トヨタ・カローラ アクシオ1.3X(FF/CVT)/カローラ フィールダー1.8S(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
カローラ フィールダーカローラ アクシオトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事