日産が次世代NYタクシーをお披露目【Movie】

2012.05.31 自動車ニュース
NV200ニューヨークタクシー
「日産NV200ニューヨークタクシー」を国内初披露【Movie】

【Movie】日産が「NV200ニューヨークタクシー」を国内でお披露目

日産自動車は2012年5月29日、「日産NV200ニューヨークタクシー」を日産グローバル本社(横浜市西区)でお披露目した。同車は同日から6月10日まで、本社ギャラリーで一般公開される。


「日産NV200ニューヨークタクシー」を国内初披露【Movie】

「日産NV200」は2年間にわたる選考を経て、2011年5月、ニューヨーク市のタクシー・リムジン協会によって“次世代イエローキャブ”に選定された。2013年10月からの運行を予定している。

乗客の定員は4人(後席に3人、助手席に1人)。ボディーの両側にスライドドアを備える。従来のニューヨークタクシーよりコンパクトな全長4.7×全幅1.7mのボディーと、経済性に優れた2リッター4気筒エンジンの採用により、大幅な燃費改善とCO2の削減が期待できるとしている。

NV200ニューヨークタクシーの生産は、日産のメキシコ・クエルナバカ工場が受け持つ。標準的な装備一式を含めた車両価格は約2万9700ドル(約240万円)となる見込み。

さらに日産は今後、「NV200ニューヨークタクシー」の100%電気自動車(EV)仕様の投入も予定している。それに先駆けて、6台の「日産リーフ」と3基の充電設備をタクシーオーナーとニューヨーク市に提供し、EVタクシーの使用に関するパイロットプログラムを実施する計画という。

(webCG 竹下)

■日産が「NV200ニューヨークタクシー」を国内でお披露目

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 第7回:世界の街で働くクルマ 2013.9.26 特集 日産の試乗会から、日本にない商用車や、開発段階にある“未来の働くクルマ”を紹介。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る