メルセデス「SLS AMG」につや消し塗装の限定車

2012.05.29 自動車ニュース

メルセデス、つや消し塗装の限定車「SLS AMGマットエディション」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月29日、スーパースポーツ「SLS AMG」の特別仕様車「SLS AMG Matt Edition(マットエディション)」を発売した。

「SLS AMGロードスター マットブラックエディション」は、designo(デジーノ)マグノナイトブラック(つや消しブラック)のボディーと赤く塗られたメタルパーツ(スリーポインテッドスター、グリルフィン、ボンネットフィン、フェンダーフィン、AMGリアエンブレム、「6.3」エンブレム、フューエルリッド)が組み合わされ、インテリアもクラシックレッド×ブラック(フルレザー仕様)のツートンカラーでコーディネート。AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションやAMGパフォーマンスステアリング(本革/アルカンターラ)、リム部が赤く塗られたマットブラックペイントAMG 10スポークアルミホイールも装備する。

価格は3000万円。左ハンドル仕様のみ5台限定の販売となる。

「SLS AMGマットホワイトエディション」「SLS AMGロードスター マットホワイトエディション」は、designoマグノカシミヤホワイト(つや消しホワイト)の外装にマットブラックにペイントされたメタルパーツを採用。インテリアはポーセレン×ブラックのフルレザー仕様となる。こちらもAMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション、AMGパフォーマンスステアリング(本革/アルカンターラ)、マットブラックペイントAMG 10スポークアルミホイールを装備する。

価格はクーペが2900万円でロードスターは3000万円。
左ハンドル仕様のみが設定され、台数はクーペが10台、ロードスターが5台の限定。

(webCG)

「SLS AMGロードスター マットブラックエディション」
「SLS AMGロードスター マットブラックエディション」
「SLS AMGマットホワイトエディション」
「SLS AMGマットホワイトエディション」
「SLS AMGロードスター マットホワイトエディション」
「SLS AMGロードスター マットホワイトエディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る