第7回:新人タクシー運転手

2012.05.25 エッセイ

第7回:新人タクシー運転手


第7回:タクシー運転手という仕事

タクシー運転手の勤務形態

3・3W(さんさんダブル)とか3・2Wとか、タクシー業界の用語だが、意味は、「3乗務して公休、2乗務して2連休」=3・2Wである。
1乗務の拘束時間は3時間の休憩を含め最大21時間。イメージとしては、例えば午前8時に出庫したら、帰車はどんなに遅くても翌朝の5時、10時出庫なら帰庫は翌朝の7時で、その日は明け番(公休とは違う)、翌日の勤務に備えて十分に身体を休めるわけだ。これが1乗務で、月に12乗務する隔勤(隔日勤務の略)という勤務形態である。

2人の運転手が効率よく1台のタクシーを稼働させられることから、東京の多くのタクシー会社が隔勤を採用している。しかし、一部には日勤(地方都市のタクシーの多くが日勤)もあって、昼勤者(早朝から夕方まで、最大拘束は1時間の休憩を含め13時間まで)、夜勤者(休憩1.5時間)が1台のタクシーを交代で乗る勤務。これは月に24乗務することになる。

この連載の最初に書いたとおり、僕が東京のタクシー会社に潜入して運転手になったのは今回が2回目。最初の取材期間は3カ月だけだったけれど、そのときの勤務は夜勤だった。そして今回の勤務は隔勤である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。