新しくなった「スマート」に赤×黒の特別仕様車

2012.05.24 自動車ニュース
新しくなった「スマート」に赤×黒の特別仕様車

新しくなった「スマート・フォーツー」に、赤×黒の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、フロントマスクを小変更した新型「スマート・フォーツー」の発売を記念し、赤と黒のコントラストが目を引く特別仕様車「smart fortwo coupe turbo edition sharpred(スマート・フォーツー クーペ ターボ エディション シャープレッド)」を2012年5月24日に発売した。全国限定150台が販売される。


新しくなった「スマート」に赤×黒の特別仕様車

今回の特別仕様車は、最高出力84psのターボエンジンを搭載した「スマート・フォーツー クーペ ターボ」をベースに、エクステリアは、ダークブラックのボディーとレッドのトリディオンセーフティセル&ドアミラーカバーを組み合わせることで、シャープな外観を演出。そのほか、専用デザインのブラックペイント15インチ3ダブルスポークアルミホイール&ワイドタイヤやブラックフロントグリル、「sharpred」エンブレムも特別装備される。

インテリアは、レッドステッチ入りのブラックレザー調ダッシュボード&ナッパレザーシート(シートヒーター付き)や、2スポーク本革巻きステアリング&シフトノブを採用するなど、上質なしつらえとなっている。専用のベロアマットも備わる。

価格は212万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る