第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!?
『ミッドナイト・イン・パリ』

2012.05.24 エッセイ

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? 『ミッドナイト・イン・パリ』

真夜中のパリに現れるクルマ

クルマに乗ってタイムスリップするといっても、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の二番煎じではない。監督は、ウディ・アレンなのだ。SFエンターテインメントなんて撮るわけがない。タイムマシンになるのは「プジョー・ランドレー タイプ184」である。聞き慣れない名前なのは、1920年代のクルマだから当然だ。「デロリアンDMC-12」よりはるかに昔のクルマだから、タイムトラベルの機能は劣る。行き先は1920年代に限られているのだ。

ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)と婚前旅行でパリに来ている。幸せの絶頂のはずだが、このカップルはどうもギクシャクしている。イネズは申し分のない美女ではあるが、オツムのほうは少々安っぽい。世間で流通する価値に何の疑問も抱かず、リッチで安楽な生活を送ることが最上であると信じるマテリアル・ガールなのだ。

それでもパリでの時間を2人で楽しもうとするのだが、偶然イネズの男友達ポール(マイケル・シーン)と出くわしてしまう。こいつがイヤな男で、やたらにウンチクを振り回して悦に入るタイプなのだ。ただの俗物だが、イネズは物事を深く考える習慣がないから、尊敬のまなざしで見つめる。ギルのいら立ちは募るばかりである。

ワインのテイスティングの会でポールがグラスをクルクルさせながら知識をひけらかした後、イネズはダンスをするというので彼についていってしまう。一人残されたギルが街をさまよっていると、0時を告げる時計の鐘が鳴り響く。すると、クラシックなプジョーが現れたのだ。

©2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.
©2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

第28回:20年代へGO!! タイムマシンはプジョー式!? − 『ミッドナイト・イン・パリ』の画像
©Automobiles Peugeot
「プジョー・ランドレー タイプ184」
コーチビルダーの「Labourdette」によるボディーを持つモデルで、1928年から29年にかけて生産された。6気筒80馬力のエンジンを持ち、内装はアールデコ様式に仕立てられている。
©Automobiles Peugeot
「プジョー・ランドレー タイプ184」
コーチビルダーの「Labourdette」によるボディーを持つモデルで、1928年から29年にかけて生産された。6気筒80馬力のエンジンを持ち、内装はアールデコ様式に仕立てられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。