マツダ、フィアットとのスポーツ車協業を発表

2012.05.23 自動車ニュース

マツダ、フィアットとのスポーツカー開発について協業を発表

マツダとフィアット・グループ・オートモービルズは2012年5月23日、2シータ−スポーツカーの開発・生産に向け協議を開始すると発表した。

マツダは、次期「マツダ・ロードスター(海外名:マツダMX-5)」のFRアーキテクチャをフィアットに供給。フィアットは傘下のアルファ・ロメオブランドの新型スポーツカーとして開発を進める。
マツダとアルファ・ロメオそれぞれのモデルは明確に差別化され、エンジンについてもブランドごとに独自のものを搭載するほか、デザインも異なるものにするという。

生産については、両社の車種をマツダの本社工場で行うことを想定し、アルファ・ロメオ向けの車両については2015年の生産開始を検討しているとのこと。

両社の正式事業契約の締結は、2012年後半を予定。今後、欧州での協業の可能性についても話し合いを持つことで合意している。

(webCG)

マツダ、フィアットとのスポーツ車協業を発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。