【スペック】全長×全幅×全高=4385×1830×1615mm/ホイールベース=2605mm/車重=1610kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/5000-6200rpm、30.6kgm/1800-4900rpm)/価格=479万円(テスト車=547万5000円)

アウディQ3 2.0TFSI クワトロ 211PS(4WD/7AT)【試乗記】

後発車の強み 2012.05.23 試乗記 アウディQ3 2.0TFSI クワトロ 211PS(4WD/7AT)
……547万5000円

SUVの中でも最も熱いプレミアムコンパクト市場に遅れて登場した「アウディQ3」。勢いに乗るライバル車に打ち勝つ魅力はあるのか? 早速その仕上がりを試した。

“後出し”Q3に勝ち目はあるか?

後出しで確実に勝てるのは“じゃんけん”くらいなもので、商売の世界では、必ずしも後出しで勝てるわけじゃない。
アウディがこの「Q3」で挑むのが、プレミアムインポートSUV市場のなかのコンパクトカテゴリー。アウディジャパンによれば、2009年は約7000台だったプレミアムインポートSUVの販売は、2010年には一気に1万台を超え、さらに2011年には1万4000台に増加したという。

販売台数を押し上げたのは、2010年に登場した「BMW X1」だ。2010年が3829台、2011年が5874台と、圧倒的な伸びを見せている。と同時に、プレミアムインポートSUV市場におけるコンパクトカテゴリーのシェアを急激に押し上げているのだ。

このBMW X1の独壇場に、アウディは後出しのQ3でチャレンジする。プレミアムコンパクトSUVという意味では、ひとあし先に参戦した「レンジローバー・イヴォーク」も気になる存在だし、サイズも国籍も違うが購入時には比較検討の対象になる「レクサスRX」も手ごわいライバルだ。そんななか、「シェア2割を目指す」というQ3に勝ち目はあるのか? そのあたりを頭の片隅に置きながら、その仕上がりをチェックするとしよう。

光ファイバー、LEDを採用したリアのコンビネーションランプ。
光ファイバー、LEDを採用したリアのコンビネーションランプ。
ファインナッパレザーのシート。フロントにはシートヒーターが備わる。いずれも、レザーパッケージオプション(30万円)。
ファインナッパレザーのシート。フロントにはシートヒーターが備わる。いずれも、レザーパッケージオプション(30万円)。
ボディーとバンパー下部やフェンダー、サイドシルの色が異なるカラードバンパーはオプション(6万円)となる。
ボディーとバンパー下部やフェンダー、サイドシルの色が異なるカラードバンパーはオプション(6万円)となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ7 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.26 試乗記 旧型比で最大300kgものダイエットに成功した新型「アウディQ7」。新登場の2リッターモデルをダウンサイズの象徴として応援したいところだが、「3.0 TFSIクワトロ」のリッチは味わいには、あらがいがたい魅力があるのも確かだ。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る