新型「ミツオカ・ビュート」がデビュー

2012.05.23 自動車ニュース
新型「ミツオカ・ビュート」
新型「ミツオカ・ビュート」がデビュー

新型「ミツオカ・ビュート」がデビュー

光岡自動車は、コンパクトセダン「Viewt(ビュート)」の新型を2012年5月23日に発表した。翌24日から販売を開始する。

 
新型「ミツオカ・ビュート」がデビューの画像
 
新型「ミツオカ・ビュート」がデビューの画像
運転席まわりは、「日産マーチ」と異なる水平基調のデザインでまとめられる。写真の「ウッドタイプインパネ」はオプション(7万5000円)。
運転席まわりは、「日産マーチ」と異なる水平基調のデザインでまとめられる。写真の「ウッドタイプインパネ」はオプション(7万5000円)。

「ビュート」は、日産自動車の「マーチ」をベースに、光岡自動車が独自のカスタマイズを施したコンパクトカー。
2年前の2010年7月に「マーチ」がフルモデルチェンジされたのを受け、このたび「ビュート」も、3代目となる新型にバトンを渡すこととなった。

新型のエクステリアも、これまで同様、往年の名車「ジャガーMk2」を思わせるクラシカルなデザインを踏襲。ただし、女性だけでなく男性にも人気のあった、初代「ビュート」のデザイン要素を多く取り入れたという。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4515(+735)×1680(+15)×1550(+35)mm(FF車。カッコ内は「マーチ」との差)。車体後部にトランクルームが追加されることもあり、「マーチ」よりも長くなる。ホイールベースは2450mmで共通である。

インテリアも基本は「マーチ」のそれだが、これまでの「ビュート」とは異なり、インストゥルメントパネルに大きな横長の化粧板が配されるなど、ミツオカオリジナルの意匠も取り入れられている。

機関部分については、ベースモデルのものを踏襲。エンジンは1.2リッター直列3気筒(79ps/6000rpm、10.8kgm/4400rpm)のみで、一部グレードにはアイドリングストップ機構が備わる。トランスミッションはCVT。FF車に加え、4WD車もラインナップされる。

価格は、「12ST」の205万円から「12LX 4WD」の272万5000円まで。国内販売台数は、年間約400台が見込まれている。
なお、新型「ビュート」は、日本だけでなくタイ国内でも生産され、現地タイのほか、インドネシア、マレーシアといったASEAN諸国でも販売される。

(webCG 関)

本革シートは20万円のオプション。リアウィンドウ用のカーテンも用意される。
本革シートは20万円のオプション。リアウィンドウ用のカーテンも用意される。
リアエンドにはトランクルームが備わる。
リアエンドにはトランクルームが備わる。
 
新型「ミツオカ・ビュート」がデビューの画像

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • 「フィアット500」に“おしゃれな”特別仕様車 2017.9.8 自動車ニュース 「フィアット500」に特別仕様車「アッラモーダ」が登場。1.2リッターエンジンを搭載したエントリーグレードをベースに、外装に上級グレードに準じたクローム装飾を採用。シート表皮にはポルトローナ・フラウのレザーを用いている。
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
ホームへ戻る