骸骨がアクセントの「Gクラス」限定発売

2012.05.22 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本、「G55 AMGロング“mastermind”Limited」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月22日、「メルセデス・ベンツGクラス」と、「スカル」(骸骨)をブランドアイコンとするファッションブランド「mastermind JAPAN(マスターマインド・ジャパン)」とのコラボレーションモデルである「G55 AMGロング“mastermind”Limited」を、全国5台限定で発売した。注文受付期間は、5月22日から6月10日までで、購入希望者が多数の場合は抽選となる。

今回のコラボモデルはドイツ・メルセデスAMG本社のカスタムオーダー工房「AMGパフォーマンススタジオ」にて制作される。ベースとなるのは、車体色 オブシディアンブラックの「G55 AMGロング」。

エクステリアは、フロントグリル、アルミホイール、サイドステップなどがマットブラックに塗装され、ボディーサイドにはブラックカーボンストリップライントリムがあしらわれる。さらに、スペアタイヤカバーにはAMGロゴエンブレム&マットブラックプレートが、左右のフロントフェンダーとリアエンドには“mastermind”のブランドアイコンである「スカル」のクロームエンブレムが装着される。

インテリアでは、フロント/リア全席のヘッドレストとフロントセンターアームレストに、「スカル」刺しゅうがシルバーステッチで施される。またセンターコンソールのアッシュトレイカバーにはAMGアファルターバッハエンブレム(シルバープリント)が装着される。

価格は2000万円。左ハンドル仕様のみの設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/7AT)/メルセデスAMG G63(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.21 試乗記 「メルセデス・ベンツGクラス」にもダウンサイジングの波。マイナーチェンジを受けてエンジンを5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボに換装した「G500」などにドイツ・フランクフルト郊外で試乗した。
  • 第58回:ACCの麻薬的快楽 2017.9.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第58回は「ACCの麻薬的快楽」。「BMW 320d」の購入で、自家用車としては人生初となるACC体験に胸躍らせる筆者。アウトバーンで鍛えられた追従機能の実力とは? “エリート特急”のお手並み拝見! 
ホームへ戻る