独BMW、「1シリーズ」に3ドア仕様を追加

2012.05.22 自動車ニュース

独BMW、「1シリーズ」に3ドア仕様を追加

独BMWは、ライプチヒモーターショー(会期は2012年6月2日から6月10日まで)で小型ハッチバックモデル「1シリーズ」の3ドア仕様を発表する。

■最上級に320psの「M135i」

これまで5ドアしか用意されなかった「BMW 1シリーズ」に3ドア仕様が加わる。スタイリングは5ドアに準じるが、サイドウィンドウ・グラフィックがクーペのような伸びやかな曲線を描くものに改められたため、スポーティーな印象がより強められた。ボディーサイズは、5ドア仕様よりわずかに小さい全長×全幅×全高=4324×1765×1421mm。ホイールベースは共通の2690mm。

エンジンラインナップも見直される。ガソリンエンジンは、1.6リッターターボが「114i」(102ps)と「116i」(136ps)となり、その上位に2リッターターボの「125i」(218ps)が用意される。

さらにその上に、2012年のジュネーブショーで公開された3リッター直6ターボ搭載の「M135i」が設定される。320psを発生し、0-100km/h:5.1秒(8段ATは4.9秒)の動力性能を誇るという。

(webCG 竹下)

「BMW M135i」
「BMW M135i」
「BMW M135i」
「BMW M135i」
「BMW M135i」の3リッター直6ターボエンジン。
「BMW M135i」の3リッター直6ターボエンジン。
「BMW 1シリーズ」3ドア
「BMW 1シリーズ」3ドア
「BMW 1シリーズ」3ドア
「BMW 1シリーズ」3ドア
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
ホームへ戻る