「Eクラス クーペ/カブリオレ」一部仕様を変更

2012.05.21 自動車ニュース

メルセデス、「Eクラス クーペ/カブリオレ」の一部仕様を変更

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月21日、「Eクラス クーペ」「Eクラス カブリオレ」の一部仕様を変更し、発売した。

今回の仕様変更では、Eクラス クーペ/カブリオレに「AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)」などを標準装備、よりスポーティーな装いとした。

E250 BlueEFFICIENCYクーペは、AMGスタイリングパッケージ、18インチ5スポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトを標準装備。インテリアにはダークアルミニウムインテリアトリムを採用している。
価格は669万円。

E350 BlueEFFICIENCYクーペ/カブリオレは、AMGスタイリングパッケージ、18インチAMG5ツインスポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトが標準装備となった。価格はクーペが875万円、カブリオレは923万円。

E550 BlueEFFICIENCY クーペには、18インチAMG5ツインスポークアルミホイールが装着される。価格は1110万円。

また、レーダー波を用いて衝突の危険性を低減する予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」が、新規オプション(19万円)として追加設定された。

なお今回の「AMGスタイリングパッケージ」の標準装備に伴い、「AMGスポーツパッケージ」の内容が見直され、価格も変更された。(E250クーペ:20万円、E350クーペ/カブリオレ:30万円)

<AMGスポーツパッケージの内容>
・「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)
・ナッパレザーのAMGスポーツステアリング
・運転席/助手席マルチコントロールシートバック
・ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付き)
・AMGフロアマット
・18インチAMG6ツインスポークアルミホイール&ワイドタイヤ(E250クーペのみ)
・レザーARTICOシート(E250クーペのみ)
・運転席/助手席シートベンチレーター(E350クーペ/カブリオレのみ)

(webCG)

メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。
メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る