「Eクラス クーペ/カブリオレ」一部仕様を変更

2012.05.21 自動車ニュース

メルセデス、「Eクラス クーペ/カブリオレ」の一部仕様を変更

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月21日、「Eクラス クーペ」「Eクラス カブリオレ」の一部仕様を変更し、発売した。

今回の仕様変更では、Eクラス クーペ/カブリオレに「AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)」などを標準装備、よりスポーティーな装いとした。

E250 BlueEFFICIENCYクーペは、AMGスタイリングパッケージ、18インチ5スポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトを標準装備。インテリアにはダークアルミニウムインテリアトリムを採用している。
価格は669万円。

E350 BlueEFFICIENCYクーペ/カブリオレは、AMGスタイリングパッケージ、18インチAMG5ツインスポークアルミホイール、ダイナミックハンドリングパッケージ、パドルシフトが標準装備となった。価格はクーペが875万円、カブリオレは923万円。

E550 BlueEFFICIENCY クーペには、18インチAMG5ツインスポークアルミホイールが装着される。価格は1110万円。

また、レーダー波を用いて衝突の危険性を低減する予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」が、新規オプション(19万円)として追加設定された。

なお今回の「AMGスタイリングパッケージ」の標準装備に伴い、「AMGスポーツパッケージ」の内容が見直され、価格も変更された。(E250クーペ:20万円、E350クーペ/カブリオレ:30万円)

<AMGスポーツパッケージの内容>
・「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)
・ナッパレザーのAMGスポーツステアリング
・運転席/助手席マルチコントロールシートバック
・ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付き)
・AMGフロアマット
・18インチAMG6ツインスポークアルミホイール&ワイドタイヤ(E250クーペのみ)
・レザーARTICOシート(E250クーペのみ)
・運転席/助手席シートベンチレーター(E350クーペ/カブリオレのみ)

(webCG)

メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。
メルセデス・ベンツの「Eクラス クーペ」(写真右)と「Eクラス カブリオレ」。 拡大

関連キーワード:
Eクラス クーペEクラス カブリオレメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
  • シンプルに、よりシンプルに
    新型「CLS」に見るこれからの“メルセデスデザイン”
    2018.7.13 デイリーコラム いよいよ日本でもお披露目された、新型「メルセデス・ベンツCLS」。同車の意匠と、ダイムラーにおいて乗用車エクステリアデザインを統括するロバート・レズニック氏へのインタビューを通し、これからのメルセデス・ベンツのデザインを読み解く。
  • 「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車3モデル登場 2018.7.6 自動車ニュース 「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に3タイプの特別仕様車「フリースタイル」「フリースタイル プラス」「ヘイルウッド」が登場。ランドローバーのブランド誕生70周年を記念して企画されたもので、いずれも充実した装備が魅力となっている。
ホームへ戻る