【スペック】全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/駆動方式=FR/3.5リッター V6DOHC24バルブ(295ps/6000rpm、36.3kgm/4500rpm)+交流同期電動機(200ps、28.0kgm)/価格=800万円(テスト車=889万4600円)

レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】

あとは色気 2012.05.21 試乗記 レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)
……889万4600円

「レクサスGS」のフルモデルチェンジに伴い、ハイブリッドモデル「GS450h」も新型に。その走りを、スポーティーバージョンの“Fスポーツ”で試した。

武闘派のエコ仕様

6年半ぶりにフルチェンジした「レクサスGS」シリーズの目玉が、「450h“Fスポーツ”」である。
新しいスピンドルグリルをメッシュで覆い、専用のエアロバンパーや19インチホイールをまとったいでたちは、かなりの武闘派なのに、パワーユニットは「免税」のハイブリッド。ある意味、レトロフューチャーな高級高性能セダンである。

シャシーをスポーティーチューンしたFスポーツ仕様は、新登場の2.5リッターを含めて、すべてのGSラインに用意される。Fスポーツの導入で、いまひとつ地味だったGSのキャラを立てた感じだが、やはりレクサスは敷居が高い。「250」でも590万円、「450h」のFスポーツは800万円に達する。完全に敵は高価な欧州高性能セダンである。

4.6リッターV8に代わってGSの最強パワーユニットになった3.5リッターV6ハイブリッドは、旧「450h」と比べると、燃費の改善が大きな特徴だ。18.2km/リッターのJC08モード審査値は約4割向上している。

450h“Fスポーツ”に乗ったのは、新型「RX」との合同試乗会だった。RXにも3.5リッターハイブリッドの「450h」があるが、ポート噴射のRXに対して、GS用は筒内直接噴射+ポート噴射の直噴D-4Sユニットで、エンジン自体のパワーもRXの249psを大きくしのぐ295psになる。
もちろんこちらは、FRだから縦置き。147kW(200ps)のモーターもRX450hより強力だが、向こうは4WD仕様だと後輪にもモーターが付く。

試乗会場に並べられた「レクサスGS450h」。スポーティーバージョンの「GS450h“Fスポーツ”」(写真1枚目)とは、グリルやバンパーなど、主にフロントまわりのデザインが異なる。
試乗会場に並べられた「レクサスGS450h」。スポーティーバージョンの「GS450h“Fスポーツ”」(写真1枚目)とは、グリルやバンパーなど、主にフロントまわりのデザインが異なる。
インテリアの様子。パンチングメッシュの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、アルミパネルなどは、“Fスポーツ”ならではの装備。
インテリアの様子。パンチングメッシュの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、アルミパネルなどは、“Fスポーツ”ならではの装備。
計器のアップ。左側に見えるパワーメーターの表示は、「SPORT S」「SPORT S+」の走行モードを選ぶと回転計に変化する。(画像をクリックすると、メーターグラフィックの変化が見られます)
計器のアップ。左側に見えるパワーメーターの表示は、「SPORT S」「SPORT S+」の走行モードを選ぶと回転計に変化する。(画像をクリックすると、メーターグラフィックの変化が見られます)
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る