【スペック】全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/駆動方式=FR/3.5リッター V6DOHC24バルブ(295ps/6000rpm、36.3kgm/4500rpm)+交流同期電動機(200ps、28.0kgm)/価格=800万円(テスト車=889万4600円)

レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】

あとは色気 2012.05.21 試乗記 レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)
……889万4600円

「レクサスGS」のフルモデルチェンジに伴い、ハイブリッドモデル「GS450h」も新型に。その走りを、スポーティーバージョンの“Fスポーツ”で試した。

武闘派のエコ仕様

6年半ぶりにフルチェンジした「レクサスGS」シリーズの目玉が、「450h“Fスポーツ”」である。
新しいスピンドルグリルをメッシュで覆い、専用のエアロバンパーや19インチホイールをまとったいでたちは、かなりの武闘派なのに、パワーユニットは「免税」のハイブリッド。ある意味、レトロフューチャーな高級高性能セダンである。

シャシーをスポーティーチューンしたFスポーツ仕様は、新登場の2.5リッターを含めて、すべてのGSラインに用意される。Fスポーツの導入で、いまひとつ地味だったGSのキャラを立てた感じだが、やはりレクサスは敷居が高い。「250」でも590万円、「450h」のFスポーツは800万円に達する。完全に敵は高価な欧州高性能セダンである。

4.6リッターV8に代わってGSの最強パワーユニットになった3.5リッターV6ハイブリッドは、旧「450h」と比べると、燃費の改善が大きな特徴だ。18.2km/リッターのJC08モード審査値は約4割向上している。

450h“Fスポーツ”に乗ったのは、新型「RX」との合同試乗会だった。RXにも3.5リッターハイブリッドの「450h」があるが、ポート噴射のRXに対して、GS用は筒内直接噴射+ポート噴射の直噴D-4Sユニットで、エンジン自体のパワーもRXの249psを大きくしのぐ295psになる。
もちろんこちらは、FRだから縦置き。147kW(200ps)のモーターもRX450hより強力だが、向こうは4WD仕様だと後輪にもモーターが付く。

試乗会場に並べられた「レクサスGS450h」。スポーティーバージョンの「GS450h“Fスポーツ”」(写真1枚目)とは、グリルやバンパーなど、主にフロントまわりのデザインが異なる。
試乗会場に並べられた「レクサスGS450h」。スポーティーバージョンの「GS450h“Fスポーツ”」(写真1枚目)とは、グリルやバンパーなど、主にフロントまわりのデザインが異なる。
インテリアの様子。パンチングメッシュの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、アルミパネルなどは、“Fスポーツ”ならではの装備。
インテリアの様子。パンチングメッシュの本革巻きステアリングホイールやシフトノブ、アルミパネルなどは、“Fスポーツ”ならではの装備。
計器のアップ。左側に見えるパワーメーターの表示は、「SPORT S」「SPORT S+」の走行モードを選ぶと回転計に変化する。(画像をクリックすると、メーターグラフィックの変化が見られます)
計器のアップ。左側に見えるパワーメーターの表示は、「SPORT S」「SPORT S+」の走行モードを選ぶと回転計に変化する。(画像をクリックすると、メーターグラフィックの変化が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る