【スペック】全長×全幅×全高=4270×1815×1495mm/ホイールベース=2535mm/車重=1280kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1500-4100rpm)/価格=303万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ(FF/7AT)【試乗記】

アイコンの力 2012.05.20 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ(FF/7AT)
……303万円
フォルクスワーゲンの人気モデル「ニュービートル」の新型がいよいよ日本導入となる。新しい車名が与えられた「ザ・ビートル」はどんな風に進化したのか。

アップデートされた“普通”

「本当はこの記事にはスペックなんて記したくなかった。そんなものは、このクルマにとってたいした意味を持っていないのだ」
2005年に「ニュービートル」がマイナーチェンジを受けた時に書いた記事の冒頭にそう記した。「ザ・ビートル」にも同じ気持ちを抱く。あらためて、アイコニックなデザインモチーフを持つ強みに感服する。ファニーな表情は薄くなったものの、初代ビートルを範とするカタチは唯一無二のものだ。クルマとしての性能をうんぬんする前に、見ただけで「欲しい!」と思わせる力を持っている。

とはいえ、中身だってたいしたものだ。パワートレインはごく普通なのだが、大幅にアップデートされた“普通”である。1998年デビューのニュービートルは、2リッターエンジンに4段ATの組み合わせだった。後期には6段ATに替えられたものの、現在の基準からすればかなり旧式である。この数年でフォルクスワーゲンが進めたダウンサイジングは目覚ましいもので、その革新の成果が、ザ・ビートルにはしっかり取り入れられている。

ベースとなっているのは現行の「ゴルフ」だから、堂々たるワールドスタンダードだ。1.2リッターTSIエンジンに7段DSGの組み合わせが与えられている。すでにゴルフや「ポロ」ではおなじみのもので、性能は実証済みだ。必要にして十分なパワーがあり、加速はスムーズで間然するところがない。燃費はJC08モードで17.6km/リッターというから、エコ性能はニュービートルと比べものにならない。慣れてしまって当たり前に感じているが、ずいぶん高度な“普通”である。

フロントには体を包みこむような形状のレザースポーツシートを採用。ランバーサポートとシートヒーターが備わる。カラーはブラックとベージュの2色から選べる。
フロントには体を包みこむような形状のレザースポーツシートを採用。ランバーサポートとシートヒーターが備わる。カラーはブラックとベージュの2色から選べる。
フォルクスワーゲンおなじみの1.2リッターTSIエンジンを搭載。7段DSGを組み合わせることにより、JC08モード燃費は17.6km/hを達成した。
フォルクスワーゲンおなじみの1.2リッターTSIエンジンを搭載。7段DSGを組み合わせることにより、JC08モード燃費は17.6km/hを達成した。
後方まで伸びたルーフデザインによりどっしりと力強い印象になったリアビュー。
後方まで伸びたルーフデザインによりどっしりと力強い印象になったリアビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る