プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車

2012.05.18 自動車ニュース

「プジョー207CC」「308CC」「3008」に全仏オープンテニス公認の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年5月18日、「プジョー207CC」「308CC」「3008」の3モデルに、全仏オープンテニスの開催時期に合わせ企画された特別仕様車「Roland-Garros(ローランギャロス)」を設定、6月1日に販売を開始すると発表した。

「ローランギャロス」は、1891年に創立された歴史あるテニストーナメント「全仏オープンテニス」の会場名“ローランギャロス”を冠した、恒例の特別仕様モデル。今年は「エレガンス」をテーマに、純白のボディーカラーとライトグレーのパーフォレーテッド(穴開き)レザーとが組み合わされた限定車が3モデル用意される。

「207CCローランギャロス」(1.6リッター+4AT)は、「ビアンカ・ホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装の組み合わせ。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッド(穴開き)レザーシートが装着され、フロントシートのバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。そのほか、17インチ・アロイホイール「Melbourne」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は310万円で、販売台数は30台限定。

「308CCローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装が組み合わされる。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、前後席ともバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
足元には18インチ・アロイホイール「Lincancabur Dark」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は410万円で、販売台数は30台限定。

「3008ローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーレザー内装の組み合わせ。
シートは他の2モデル同様、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、バックレスト上部(前・後席)には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
そのほか、17インチ・アロイホイール「Savara」、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りフロアマットも備わる。
価格は350万円。販売台数は50台限定。

(webCG)

左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。
左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る