プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車

2012.05.18 自動車ニュース

「プジョー207CC」「308CC」「3008」に全仏オープンテニス公認の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年5月18日、「プジョー207CC」「308CC」「3008」の3モデルに、全仏オープンテニスの開催時期に合わせ企画された特別仕様車「Roland-Garros(ローランギャロス)」を設定、6月1日に販売を開始すると発表した。

「ローランギャロス」は、1891年に創立された歴史あるテニストーナメント「全仏オープンテニス」の会場名“ローランギャロス”を冠した、恒例の特別仕様モデル。今年は「エレガンス」をテーマに、純白のボディーカラーとライトグレーのパーフォレーテッド(穴開き)レザーとが組み合わされた限定車が3モデル用意される。

「207CCローランギャロス」(1.6リッター+4AT)は、「ビアンカ・ホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装の組み合わせ。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッド(穴開き)レザーシートが装着され、フロントシートのバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。そのほか、17インチ・アロイホイール「Melbourne」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は310万円で、販売台数は30台限定。

「308CCローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装が組み合わされる。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、前後席ともバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
足元には18インチ・アロイホイール「Lincancabur Dark」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は410万円で、販売台数は30台限定。

「3008ローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーレザー内装の組み合わせ。
シートは他の2モデル同様、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、バックレスト上部(前・後席)には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
そのほか、17インチ・アロイホイール「Savara」、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りフロアマットも備わる。
価格は350万円。販売台数は50台限定。

(webCG)

左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。
左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

関連キーワード:
トゥアレグフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> そのクルマの真の姿を知りたければグランドツーリングに出てみるといい。優雅なだけでなく、高い実用性をも備えた「アウディA5スポーツバック」は、もっと雄弁にアウディの実力を知らしめてくるはずだから。美しさは機能に従うのだ、と言わんばかりに!
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る