プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車

2012.05.18 自動車ニュース

「プジョー207CC」「308CC」「3008」に全仏オープンテニス公認の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年5月18日、「プジョー207CC」「308CC」「3008」の3モデルに、全仏オープンテニスの開催時期に合わせ企画された特別仕様車「Roland-Garros(ローランギャロス)」を設定、6月1日に販売を開始すると発表した。

「ローランギャロス」は、1891年に創立された歴史あるテニストーナメント「全仏オープンテニス」の会場名“ローランギャロス”を冠した、恒例の特別仕様モデル。今年は「エレガンス」をテーマに、純白のボディーカラーとライトグレーのパーフォレーテッド(穴開き)レザーとが組み合わされた限定車が3モデル用意される。

「207CCローランギャロス」(1.6リッター+4AT)は、「ビアンカ・ホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装の組み合わせ。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッド(穴開き)レザーシートが装着され、フロントシートのバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。そのほか、17インチ・アロイホイール「Melbourne」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は310万円で、販売台数は30台限定。

「308CCローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーのレザー内装が組み合わされる。
シートは、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、前後席ともバックレスト上部には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
足元には18インチ・アロイホイール「Lincancabur Dark」を装備。「ROLAND GARROS」ロゴ入りのウインドディフレクター、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りのフロアマットも備わる。
価格は410万円で、販売台数は30台限定。

「3008ローランギャロス」(1.6リッターターボ+6 AT)は、「パールホワイト」の外板色とライトグレーレザー内装の組み合わせ。
シートは他の2モデル同様、ライトグレー/ブラック・ツートーンのパーフォレーテッドレザーシートで、バックレスト上部(前・後席)には「ROLAND GARROS」のロゴが型押しされる。
そのほか、17インチ・アロイホイール「Savara」、左右フロントドアのエンブレム、「ROLAND GARROS」刺しゅう入りフロアマットも備わる。
価格は350万円。販売台数は50台限定。

(webCG)

左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。
左から「207CCローランギャロス」「308CCローランギャロス」「3008ローランギャロス」。

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像

プジョー3モデルに、全仏オープン公認の限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る