「ガヤルド」の日本限定モデル発売

2012.05.18 自動車ニュース

ランボルギーニ、「ガヤルド」の日本限定モデルを発売

ランボルギーニ・ジャパンは2012年5月18日、ランボルギーニ車の日本上陸45周年を記念した限定モデル「ガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ」を発売した。

「ガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ」は日本市場向けの特別仕様車で、限定数は10台。5.2リッターV10エンジン(560ps)を搭載する4WDモデル「ガヤルドLP560-4」をベースに、ボディーカラーを白とし、サイドミラーカバー、エンジンフード、ブレーキキャリパーなどのパーツを赤く塗装することで、日本の国旗を思わせる配色とした。

赤い「差し色」は外装だけでなく、シートの側面、ドアトリム、ハンドブレーキレバーなど内装にも使用され、リアビューカメラ、LEDライトパッケージ、19インチのハイグロスブラックコーデリアリム(ホイール)などが標準装備となる。車名の「ビアンコ・ロッソ」とは「白・赤」の意。メーカー希望小売価格は2541万円。

ランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトリ代表は、「2012年は(ランボルギーニにとって日本で)2つの祝い事がある年。ひとつは、日本にランボルギーニ車が上陸してから45周年。もうひとつは、ランボルギーニ・ジャパンの設立10周年だ。それらを記念して、日本だけのために限定車を用意した」と語った。

(webCG 竹下)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4ビアンコ・ロッソ」

「ガヤルド」の日本限定モデル発売の画像

「ガヤルド」の日本限定モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • 「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」の会場から 2016.12.20 画像・写真 2016年12月20日、新型「ポルシェ・パナメーラ」の先行公開イベント「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」が東京・恵比寿で開催された。女優の真矢ミキさんや音楽家の高橋幸宏さんもゲスト出演した、会場の様子を写真で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、新型「オデッセイ」を世界初公開
    2016.12.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年12月20日、米国デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(開催期間:2017年1月8日~22日)において、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る