第147回:「ニュー」が「ザ」になった理由 「ザ・ビートル」のデザイナーにインタビュー

2012.05.18 エッセイ

第147回:「ニュー」が「ザ」になった理由「ザ・ビートル」のデザイナー、クリス・レスマナ氏に聞く

小さな違いは大きな違い。ノーズとルーフがすらっと伸びて、がぜんハンサムになった新型「ザ・ビートル」の造形に込めた思いを、来日したフォルクスワーゲンのエクステリアデザイナー、クリス・レスマナ氏に聞いた。

「セルフサンプリング」のデザイン

「ニュービートル」の新型だから、「ニュー・ニュービートル」とでも呼ばれるのかと思ったら、「ザ・ビートル」だった。

「ニュー」が真横から見て分度器が走っているようなファニールックだったのに対して、「ザ」はもう少しオトナというかマジメ路線。真横から見るとずいぶんと違っている。窓が平べったくなり、屋根も平らになった。
でも、前から見ると、違いは小さい。ヘッドライトユニットの中にLEDが付けまつげのように並んでいるのが、最近の女性のメークのようだ。

メディア試乗会が行われた横浜の街中を走っていても、違いに気付いた人には振り向かれた。
「MINI」しかり、「チンクエチェント」しかり。「ニュー」と「ザ」のビートルもまた、はるか昔に生産が終了したオリジナルのデザインイメージをよみがえらせた現代車である。

エリック・クラプトンが「いとしのレイラ」を、再結成されたイーグルスが「ホテル・カリフォルニア」を21世紀になって新たに録音するように、MINIもチンクエチェントも「ニュー」も「ザ」も、デザインをセルフサンプリングしている。

ミュージシャンが自分の曲を自分でサンプリングするように、ヨーロッパの自動車メーカーは、自動車史に輝かしい功績を残した自社の「名車」のデザインをサンプリングしている。「セルフサンプリングデザイン」なのである。新興国のメーカーは逆立ちしてもできない。

もはやロックが反抗と既成秩序破壊のための音楽ではなくなってビッグビジネスとなったように、MINIはミニサイズではなくなり、チンクエチェントとビートルはボディーの反対側にエンジンをマウントしている。一緒なのは名前だけだ。

「ザ・ビートル」とレスマナ氏。
「ザ・ビートル」とレスマナ氏。
LEDがまるで付けまつ毛のよう。
LEDがまるで付けまつ毛のよう。
旧型と比べて、窓が平べったくなり、屋根も平らになった。
旧型と比べて、窓が平べったくなり、屋根も平らになった。
新旧ビートルのそろい踏み。
新旧ビートルのそろい踏み。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ