第245回:地下に潜ってもスゴいんです! モナコ地下駐車場事情

2012.05.18 エッセイ

第245回:地下に潜ってもスゴいんです! モナコ地下駐車場事情

なかなかハードな駐車場

来週の5月24日から27日までは「F1モナコグランプリ」である。それにせんだって5月11日から13日までは「ヒストリックグランプリ」が行われた。
ボクが4月末に訪れたとき、コースとなる市街地の脇には、通常の交通を妨げないようにしつつも、早くもレース用ガードレールが設置されていた。そして「気分はセバスチャン・べッテル」な人たちが自分のクルマでコースをたどっていた。

モナコでちょっぴり困るものといえば駐車場である。この国は海に面し、かつ背後は崖だ。そうした地理的背景から地下駐車場が多い。それも入り口はアプローチが急で、かつ他の階や出口へのスロープは極端に狭い。
実際、スロープの壁面には、バンパーの擦(かす)り跡が幾重にも描かれている。もしボクが住民になったら、真っ先に「スマート・フォーツー」を買うだろう。
さらに駐車場によっては「イタリア方面」などと国名の交じった出口表示がある。島国育ちの身にとって、間違うとえらい大変なことになりそうな気がして緊張する。

フランスの国境の町ロクブリューン・カプマルタンからモナコを望む。
フランスの国境の町ロクブリューン・カプマルタンからモナコを望む。
ラルボットの海岸にて。
ラルボットの海岸にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。