ホンダが新型「スーパーカブ50」を発売

2012.05.17 自動車ニュース

ホンダが「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジ

本田技研工業は、ビジネスからレジャーまで幅広く使用されているベストセラーバイク「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジし、2012年5月25日に発売する。

新型「スーパーカブ50」の開発コンセプトは“ニューベーシックカブ”。装備の充実と使い勝手の向上を図ったほか、生産拠点を国内から中国に移し、調達から生産までの効率化を進めるなどして価格を引き下げた。メーカー希望小売価格は、旧型(上級の「カスタム」グレード。4段ミッション、セルフスターター装備車)と比較して4万8300円安い18万7950円。国内では年間1万5000台の販売を目指す。

新型は、低フリクション技術を広く採用した高効率の50cc空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載する。低・中速回転域を重視したトルク特性としながら、最高出力は従来の3.4psから3.7psに高められた。燃費は旧型と同等の110.0km/リッター(30km/h定地走行テスト値)を達成している。
加えて、上級モデル「スーパーカブ110」(2012年3月発売)と同様の、発進と変速でそれぞれ独立したクラッチを備える「2段クラッチシステム」が採用され、変速時のショックが軽減されたとうたわれる。

車体は、角断面パイプを用いたバックボーンフレームを新たに採用した。さらに、ホイールベースを延長(前述の「カスタム」と比較して35mmの延長)するなどして、荷物積載時の走行安定性を高めている。

新型のデザインはスーパーカブ110と同じく、伝統的なスタイルをベースとしながら、直線と曲面を融合させて存在感と力強さを表現したという。
車体色は、「スマートブルーメタリック」「バージンベージュ」「パールバリュアブルブルー」「パールハーベストグリーン」「パールプロキオンブラック」の5色が用意される。

(webCG 竹下)

スーパーカブ50(パールハーベストグリーン)
スーパーカブ50(パールハーベストグリーン) 拡大
スーパーカブ50(パールプロキオンブラック)
スーパーカブ50(パールプロキオンブラック) 拡大
スーパーカブ50(パールバリュアブルブルー)
スーパーカブ50(パールバリュアブルブルー) 拡大
スーパーカブ50(スマートブルーメタリック)
スーパーカブ50(スマートブルーメタリック) 拡大
スーパーカブ50(バージンベージュ)
スーパーカブ50(バージンベージュ) 拡大

関連キーワード:
スーパーカブホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • ヤマハMT-07 ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.23 試乗記 「スポーティ&ファンライド」をキャッチコピーに掲げ、ジムカーナでも活躍を見せるヤマハのロードスポーツモデル「MT-07」。高い運動性能と、誰もが気持ちよいライディングを楽しめるドライバビリティーを身上とした一台に触れ、リポーターが感じたこととは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
ホームへ戻る