「ルノー・カングー」にフレンチレトロな限定車

2012.05.17 自動車ニュース

「ルノー・カングー」に“フレンチレトロ”な限定車

ルノー・ジャポンは2012年5月17日、“フレンチレトロ”をテーマにした3タイプの特別色とブラックバンパーなどを採用した限定車「カングー クルール」を、300台限定で発売した。

■60年代のルノー車のカラーリングを再現

フランス語で「色」を意味する「クルール」と名付けられたカングーの特別限定車は、2010年と2011年に続き、今回が3度目の発売となる。今回は、60年代に活躍したルノー車のボディーカラーから、南フランスをイメージした3色が採用された。バンパーやドアミラー、リアランプガーニッシュはボディー同色ではなく、あえてブラックを採用することで、レトロな雰囲気が演出されている。

「ベージュ カマルグ」(ベージュ)は、「ルノー・キャトル」に使われていたボディーカラーで、南フランス カマルグ地方の砂浜をイメージしたというもの。

「ブルー エクスプレス」(水色)は、「ルノー・エクスプレス」に使われていたボディーカラーで、地中海が表現されている。

「ヴェール パステル」(緑)は、「ルノー・キャトルCV」に使われていたボディーカラーで、プロヴァンス地方のオリーブの葉を再現したものとなっている。

販売台数は、ベージュ カマルグが116台、ブルー エクスプレスは100台、ヴェール パステルは84台の、あわせて300台となる。

価格は、MT車が219万8000円、AT車は229万8000円。

(webCG 曽宮)

「ルノー・カングー クルール」。ボディーカラーは、「ブルー エクスプレス」。
「ルノー・カングー クルール」。ボディーカラーは、「ブルー エクスプレス」。
「ベージュ カマルグ」
「ベージュ カマルグ」
「ヴェール パステル」
「ヴェール パステル」
ボディーと同色の縁取りが施される「フロアマット&ラゲッジマットセット」の価格(オプション)は、3万7800円(税込み)。
ボディーと同色の縁取りが施される「フロアマット&ラゲッジマットセット」の価格(オプション)は、3万7800円(税込み)。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る