日産シーマのOEM車、車名は三菱ディグニティ

2012.05.16 自動車ニュース

日産が三菱に「シーマ」をOEM供給、車名は「ディグニティ」に

三菱自動車は2012年5月16日、日産自動車からOEM供給を受ける「シーマ」をベースとした最上級セダンの車名を「ディグニティ」に決定したと発表した。

新型「ディグニティ」は、先ごろ車名が発表された「日産フーガ」ベースの上級セダン「プラウディア」とともに、2012年の夏から販売される予定だ。

「ディグニティ」という車名は、先代「プラウディア」(1999−2001年)のリムジン版(2000年2月発売)に用いられていたもので、同車が生産終了となった2001年以降は途絶えていた。

なお、「ディグニティ(DIGNITY)」は、英語で「威厳」「気品」を意味する。

(webCG)

写真は2012年5月21日に発売される、新型「日産シーマ」。
写真は2012年5月21日に発売される、新型「日産シーマ」。

関連キーワード:
ディグニティシーマ三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
ホームへ戻る