【スペック】全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=468万円(テスト車=493万円/セーフティ・パッケージ=25万円)

ボルボV60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】

「R」の血統 2012.05.15 試乗記 ボルボV60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)
……493万円

走りとエコを両立させたという「ボルボV60」の1.6リッターモデルに、スタイリッシュな「R-DESIGN」が登場。乗ってみての、感想は……?

地味で誠実な人が乗るクルマ

映画の中では、ボルボに乗る登場人物はたいがい地味で誠実な性格という設定になっている。昨年公開された『モンスター上司』で「940エステート」に乗っていたのは、恋人との結婚をひたすら待ち望む気弱な歯科助手だった。『カンパニー・メン』では、ベン・アフレック演じるノーテンキな主人公が失業しても「ポルシェ・ボクスター」を乗り回していたが、しっかり支える奥さんの愛車は「V70XC」だったのだ。

しかし、「ボルボ=地味」というイメージは、次第に過去のものになりつつある。「R-DESIGN」は、それを体現したモデルだ。専用のサスペンションで足まわりを強化し、内外装にスポーティーなドレスアップを施している。2012年2月21日に100台限定で発売された「S60 T4 R-DESIGN」は、瞬く間に完売してしまった。

こういうモデルが人気となるところに、ユーザーの視線の変化が現れている。300台が追加されることになり、さらにワゴンモデルの「V60 T4 R-DESIGN」も発売された。こちらは700台で、合計1000台ということになる。売れ線ということで、気合が入っているのだ。

「R」はリファインメント、つまり洗練を意味する。とはいえ、歴代のボルボ車で「R」を名乗ったモデルは、相当な硬派だった。1995年の「850 T-5 R」までさかのぼれるが、本格的にデリバリーされたのは2003年の「S60R」「V70R」からだろう。ターボの過給圧を上げて300psを引き出し、3段階のモードを選べるアクティブシャシーを装備したハイパフォーマンスモデルだった。

運転席周りの様子。アルミニウムのセンターパネルやパンチングレザーのステアリングホイール、アルミ製のスポーツペダルなどがドライバーを取り囲む。
運転席周りの様子。アルミニウムのセンターパネルやパンチングレザーのステアリングホイール、アルミ製のスポーツペダルなどがドライバーを取り囲む。
足元も、「R-DESIGN」専用の18インチアルミホイールでドレスアップ。
足元も、「R-DESIGN」専用の18インチアルミホイールでドレスアップ。
シルクメタルのフロントグリル。傍らには専用エンブレムが輝く。
シルクメタルのフロントグリル。傍らには専用エンブレムが輝く。
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る