【スペック】全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=468万円(テスト車=493万円/セーフティ・パッケージ=25万円)

ボルボV60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】

「R」の血統 2012.05.15 試乗記 ボルボV60 T4 R-DESIGN(FF/6AT)
……493万円

走りとエコを両立させたという「ボルボV60」の1.6リッターモデルに、スタイリッシュな「R-DESIGN」が登場。乗ってみての、感想は……?

地味で誠実な人が乗るクルマ

映画の中では、ボルボに乗る登場人物はたいがい地味で誠実な性格という設定になっている。昨年公開された『モンスター上司』で「940エステート」に乗っていたのは、恋人との結婚をひたすら待ち望む気弱な歯科助手だった。『カンパニー・メン』では、ベン・アフレック演じるノーテンキな主人公が失業しても「ポルシェ・ボクスター」を乗り回していたが、しっかり支える奥さんの愛車は「V70XC」だったのだ。

しかし、「ボルボ=地味」というイメージは、次第に過去のものになりつつある。「R-DESIGN」は、それを体現したモデルだ。専用のサスペンションで足まわりを強化し、内外装にスポーティーなドレスアップを施している。2012年2月21日に100台限定で発売された「S60 T4 R-DESIGN」は、瞬く間に完売してしまった。

こういうモデルが人気となるところに、ユーザーの視線の変化が現れている。300台が追加されることになり、さらにワゴンモデルの「V60 T4 R-DESIGN」も発売された。こちらは700台で、合計1000台ということになる。売れ線ということで、気合が入っているのだ。

「R」はリファインメント、つまり洗練を意味する。とはいえ、歴代のボルボ車で「R」を名乗ったモデルは、相当な硬派だった。1995年の「850 T-5 R」までさかのぼれるが、本格的にデリバリーされたのは2003年の「S60R」「V70R」からだろう。ターボの過給圧を上げて300psを引き出し、3段階のモードを選べるアクティブシャシーを装備したハイパフォーマンスモデルだった。

運転席周りの様子。アルミニウムのセンターパネルやパンチングレザーのステアリングホイール、アルミ製のスポーツペダルなどがドライバーを取り囲む。
運転席周りの様子。アルミニウムのセンターパネルやパンチングレザーのステアリングホイール、アルミ製のスポーツペダルなどがドライバーを取り囲む。
足元も、「R-DESIGN」専用の18インチアルミホイールでドレスアップ。
足元も、「R-DESIGN」専用の18インチアルミホイールでドレスアップ。
シルクメタルのフロントグリル。傍らには専用エンブレムが輝く。
シルクメタルのフロントグリル。傍らには専用エンブレムが輝く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る