【スペック】全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm/ホイールベース=2850mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=600万円(テスト車=699万9600円)

レクサスGS250“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】

これぞど真ん中のベーシック 2012.05.14 試乗記 レクサスGS250“バージョンL”(FR/6AT)
……699万9600円

そのクルマの本当の実力を知りたければ、ベーシックなモデルに乗るにかぎる。ハイブリッド仕様やLDHに話題が集まりがちな「レクサスGS」だが、2.5リッターモデルの仕上がりはいかに。

真の実力は「素」に宿る

「レクサスGS250“バージョンL”」試乗の目的は明確だ。「素のGSはどうなのか?」ということが知りたい。
本年1月にフルモデルチェンジを受けて以来、ハイブリッドの「レクサスGS450h」や、LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)が備わるスポーティーグレードの“Fスポーツ”に注目が集まりがちだった。ハイブリッドシステムもLDHも、新型GSがドイツ勢に対抗するにあたってのストロングポイントだからそれも当然ではある。一方で、「それがないとダメなわけ?」とも思うのだ。

試乗したのはレクサスGSのラインナップ中で最もベーシックな2.5リッターV6エンジンを積むレクサスGS250。「GS350」にはフルタイム四駆仕様もあるけれど、GS250にはFR(後輪駆動)しかないので当然FR。GS250の場合は“Fスポーツ”を選んでもLDHは備わらないので、LDHはナシ。グレードが“バージョンL”だったので、路面の状態や走行状況に応じてショックアブソーバーの減衰力を自動で最適化するAVS(Adaptive Variable Suspension system)が備わるけれど、それ以外はほぼベーシックモデルと呼んでいい仕様だ。

内外装のデザインについてはあちこちで散々書かれているので繰り返さないけれど、昨秋、初めて見た時にはギョッとした新しいフロントマスクが目に馴染(なじ)みつつあることは書いておきたい。
「サドルタン」という落ち着いた茶色のレザーシートに腰掛け、エンジン始動。といっても「シュッ」とエンジンが掛かったあとは振動があるわけでもなし、エンジンや排気の音が聞こえるわけでもなし。室内はしーんと静まり返っている。

試乗車は、外装がソニックシルバー、内装がサドルタンというカラーの組み合わせ。
試乗車は、外装がソニックシルバー、内装がサドルタンというカラーの組み合わせ。
“バージョンL”ではセミアニリンの本革シートが標準装備。フロントシートは18方向の調整が可能。
“バージョンL”ではセミアニリンの本革シートが標準装備。フロントシートは18方向の調整が可能。

レクサスGS250“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る