独BMW、新型「3シリーズツーリング」を発表

2012.05.14 自動車ニュース

独BMW、新型「3シリーズツーリング」を発表

独BMWは2012年5月13日、新型「3シリーズツーリング」を発表した。

■広く、より使いやすく

E30型3シリーズで初めて設定された「3シリーズツーリング」は、今回で5代目となる。新型では、クラス最大級の荷室スペースや使い勝手の良さ、スタイリッシュなデザインなどが追求されている。

エクステリアについては、Bピラーより前がセダンと共通で、後が新設計となる。Dピラーおよびクオーターウィンドウは、“ホフマイスター・キンク”と呼ばれる、「く」の字型の折り返しを設けたデザイン処理により、BMW車であることがアピールされている。

新型3シリーズツーリングは、現行モデルより全長が97mm長く、ホイールベースは50mm延長されたことで、居住スペースと荷室がそれぞれ拡大している。後席ニールームは17mm、同頭上スペースは9mm拡大した。荷室は、5名乗車時で現行モデルより35リッター広い、495リッターとなり、40:20:40の3分割可倒式リアシートを格納すれば最大1500リッターまで拡大可能だ。

また荷室は、地面から開口部までの高さが620mmと低めに設定されるとともに、電動で開閉するオートマチックテールゲートの採用により、使い勝手が高められた。

今回発表された欧州仕様車は、ガソリンが「328iツーリング」(245ps、35,7kgm)の1タイプ、ディーゼルは「320dツーリング」(184ps、38.8kgm)と「330dツーリング」(258ps、57.1kgm)の2タイプ。各グレードには、「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」の3タイプのデザインラインが設定され、パッケージオプションの「M Sport」パッケージも用意される。

(webCG 曽宮)

「BMW3シリーズツーリング」
「BMW3シリーズツーリング」
 
独BMW、新型「3シリーズツーリング」を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズツーリング」を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズツーリング」を発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る