第5戦スペインGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.05.13 自動車ニュース

【F1 2012 速報】第5戦スペインGP、ウィリアムズのマルドナドが初ポールから初優勝

F1世界選手権第5戦スペインGP決勝が、2012年5月13日、スペインはバルセロナ近郊のサーキット・デ・カタルーニャ(4.655km)を66周して行われた。

序盤4戦のフライアウェイを経て迎えたヨーロッパ・ラウンド初戦は、予想外の展開となった。
マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが違反で予選1位の座を剝奪され、代わってポールポジションを獲得したのがウィリアムズ・ルノーのパストール・マルドナド。明くる日のレースデイ、自身予選最高位を決めたGP2年目のベネズエラ人は、フェラーリのフェルナンド・アロンソとの熾烈(しれつ)な争いを制し、見事初優勝を飾った。
ウィリアムズにとっては、BMWエンジン、ファン・パブロ・モントーヤとともに勝ち取った2004年最終戦以来となる勝利だ。

アロンソは、首位を走行するもマルドナドにピット作戦で前に出られ、結局2位でゴールした。
3位はロータス・ルノーのキミ・ライコネン。最後のスティントで飛ばしたが、それまでにつけられたトップ2台とのギャップは大きかった。

ライコネンのチームメイト、ロメ・グロジャンが続きロータスは3-4フィニッシュ。ザウバー・フェラーリの小林可夢偉は9番グリッドからコース上でライバルを次々と抜き、自身最高位タイの5位でチェッカードフラッグを受けた。

イエローフラッグ違反でドライブスルーペナルティーを科されたレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが6位。終盤猛チャージをかけてきたベッテルの餌食となったのが7位に入ったメルセデスのニコ・ロズベルグと、続くマクラーレンの2台、8位ハミルトンと9位ジェンソン・バトンだった。ハミルトンは最後尾からライバルより1回少ない2ストップで入賞した。10位には、レッドブルのマーク・ウェバーを抑え、フォースインディア・メルセデスのニコ・ヒュルケンベルグが入った。

以下、11位ウェバー(レッドブル)、12位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)、13位ダニエル・リチャルド(トロロッソ)、14位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、15位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、16位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム・ルノー)、17位ビタリー・ペトロフ(ケイターハム)、18位ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)、19位ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRTコスワース)が完走した。

5戦して5人のウィナーが誕生している混戦の2012年。ドライバーズチャンピオンシップではともに1勝しているベッテル、アロンソが61点で並び、未勝利ながらハミルトンが53点で3位、ライコネンは49点で4位、その1点後ろでウェバー5位、開幕戦勝者のバトンが45点で6位につけている。
コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブル109点、2位マクラーレン98点、3位ロータス84点、4位フェラーリ63点、5位メルセデス43点という上位の顔ぶれだ。

(文=bg)


第5戦スペインGP決勝結果【F1 2012 速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。