【スペック】全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm/ホイールベース=2700mm/車重=1590kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpm)/価格=298万円(テスト車=同じ)

マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】

“坂バカ”のクルマ 2012.05.13 試乗記 マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)
……298万円

先にガソリンモデルでCX-5の実力を体感したリポーターが、本命のクリーンディーゼルに試乗。走りだした途端に顔がほころんだという、その理由とは?

「83%」の衝撃

鹿児島で行われた「CX-5」試乗会のプレスディナーでのこと。宴たけなわの会場に伝令が入ってきて、こう告げた。

「83%を超えました!」

テーブルにいた関係者から歓声ともため息ともつかない声があがる。これは、CX-5の受注の中でディーゼルモデルが占める割合の数字なのだ。発売1カ月で目標の8倍にあたる約8000台の受注があり、その73%がディーゼルであったことも驚きだったが、さらに比率が上がったのである。

当初マツダ自身は、ディーゼル車の割合がせいぜい半分と想定していた。83%というのは、誰も予想していなかった数字である。その原因について尋ねると、広報担当者もエンジニアもそろって首をひねる。先に試乗の感想を言ってしまうと素晴らしい出来だったので、この受注割合は妥当なものだと思う。でも、それが人気の原因ということはありえない。なにしろディーラーに試乗車が届いていない段階で予約が殺到したのだから、乗って確かめることはできなかったはずだ。

石原都知事のペットボトル会見以来、日本におけるディーゼルのイメージは地に落ちていた。自動車媒体はヨーロッパの新世代ディーゼルの出来の良さを繰り返し伝えていたけれど、コアな自動車ファン以外に届いたかどうか。価格に関しては、はっきりディーゼルが不利だ。同じグレードで比べると、38万円の差がある。免税率や補助金はディーゼルに分があるが、それでも20万円ほどの差は残っている。燃費の良さと軽油の安さで取り返せるとしても、何十万キロも走ってからの話だ。


マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像
「DX Lパッケージ」の本革シートは、パーフォレーション(穴あけ)加工され、レッド&ブラックのステッチが施される。運転席には10Wayパワーシートが、運転席と助手席にはシートヒーターも標準装備となる。
「DX Lパッケージ」の本革シートは、パーフォレーション(穴あけ)加工され、レッド&ブラックのステッチが施される。運転席には10Wayパワーシートが、運転席と助手席にはシートヒーターも標準装備となる。
マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る