【スペック】全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm/ホイールベース=2700mm/車重=1590kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpm)/価格=298万円(テスト車=同じ)

マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】

“坂バカ”のクルマ 2012.05.13 試乗記 マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)
……298万円

先にガソリンモデルでCX-5の実力を体感したリポーターが、本命のクリーンディーゼルに試乗。走りだした途端に顔がほころんだという、その理由とは?

「83%」の衝撃

鹿児島で行われた「CX-5」試乗会のプレスディナーでのこと。宴たけなわの会場に伝令が入ってきて、こう告げた。

「83%を超えました!」

テーブルにいた関係者から歓声ともため息ともつかない声があがる。これは、CX-5の受注の中でディーゼルモデルが占める割合の数字なのだ。発売1カ月で目標の8倍にあたる約8000台の受注があり、その73%がディーゼルであったことも驚きだったが、さらに比率が上がったのである。

当初マツダ自身は、ディーゼル車の割合がせいぜい半分と想定していた。83%というのは、誰も予想していなかった数字である。その原因について尋ねると、広報担当者もエンジニアもそろって首をひねる。先に試乗の感想を言ってしまうと素晴らしい出来だったので、この受注割合は妥当なものだと思う。でも、それが人気の原因ということはありえない。なにしろディーラーに試乗車が届いていない段階で予約が殺到したのだから、乗って確かめることはできなかったはずだ。

石原都知事のペットボトル会見以来、日本におけるディーゼルのイメージは地に落ちていた。自動車媒体はヨーロッパの新世代ディーゼルの出来の良さを繰り返し伝えていたけれど、コアな自動車ファン以外に届いたかどうか。価格に関しては、はっきりディーゼルが不利だ。同じグレードで比べると、38万円の差がある。免税率や補助金はディーゼルに分があるが、それでも20万円ほどの差は残っている。燃費の良さと軽油の安さで取り返せるとしても、何十万キロも走ってからの話だ。


マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像
「DX Lパッケージ」の本革シートは、パーフォレーション(穴あけ)加工され、レッド&ブラックのステッチが施される。運転席には10Wayパワーシートが、運転席と助手席にはシートヒーターも標準装備となる。
「DX Lパッケージ」の本革シートは、パーフォレーション(穴あけ)加工され、レッド&ブラックのステッチが施される。運転席には10Wayパワーシートが、運転席と助手席にはシートヒーターも標準装備となる。
マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る