ハイブリッドの新型ダイハツ・アルティス発売

2012.05.10 自動車ニュース

ダイハツのハイブリッドセダン「アルティス」発売

ダイハツ工業は、ハイブリッドカーの新型「ダイハツ・アルティス」を、2012年5月10日に発売した。

ダイハツの「アルティス」は、トヨタ自動車からOEM供給されるセダン。今回発売された新型は、ハイブリッド専用車として2011年9月に発売された最新型「トヨタ・カムリ」をベースとするもので、同車との違いは、エンブレムや車名のバッジだけである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4825×1825×1470mm。2.5リッターガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたパワーユニットを搭載し、23.4km/リッターの燃費(JC08モード)を実現する。

グレードは「アルティス ハイブリッド“Gパッケージ”」1種類のみで、価格は317万円。
装備・仕様、価格とも、トヨタのベースモデルとの違いはない。

(webCG 関)

「ダイハツ・アルティス」
「ダイハツ・アルティス」
 
ハイブリッドの新型ダイハツ・アルティス発売の画像
 
ハイブリッドの新型ダイハツ・アルティス発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「ダイハツ・アルティス」新たなデザインで発売 2014.9.10 自動車ニュース 「ダイハツ・アルティス」がマイナーチェンジ。内外装のデザインが一部変更された。
  • ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売 2000.4.3 自動車ニュース ダイハツ工業は、新型セダン「アルティス」を3月30日より発売した。「アルティス」は、4月に生産中止されるフラッグシップカー「アプローズ」を継ぐかたちで設定された上級セダン。トヨタ自動車「カムリ」のOEMモデルだ。名前は、英語のaltitude(高度)の造語で、「高い地位」を表しているという。カムリ同様、余裕あるボディサイズが特徴的。快適さと高級感をウリとしている。エンジンは2.2リッター直4で140ps・19.5kgm。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動、トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみの設定となる。機能面では、トランクオープナー付キーレスエントリー、エクステンションプレート付サンバイザー、カップホルダーなどが標準装備。加えて全面UVカットガラス、クリーンエアフィルターなども備わる。さらに安全面でも、ブレーキアシスト付ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付シートベルト、デュアルSRSエアバッグなど標準装備。車体は衝撃安全ボディ「TAF」だ。価格は「2.2 SLパッケージ」の209.0万円から「2.2 Four SXパッケージ」の263.0万円まで。「カムリ2.2」が226.3万円ですから、「アルティス」は若干割安。しかし国内月販目標が100台という設定に、ラインアップの補欠的モデルである性(さが)を感じます。(WebCG 有吉)
  • 第1回:編集部に「CTS」がやって来た
    「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート
    2017.2.17 特集 いつもより長い時間じっくりテストして、そのクルマと過ごす毎日をさまざまな角度からリポートするのがwebCGの「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
ホームへ戻る