クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】RX350“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=1970kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.5kgm/4700rpm)/価格=560万円(テスト車=609万2450円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/クリアランスソナー=4万2000円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万9450円/ヘッドアップディスプレイ=8万4000円)

レクサスRX350“Fスポーツ”/RX450h“バージョンL・Air suspension”【試乗記】

若返りのレクサス 2012.05.10 試乗記 レクサスRX350“Fスポーツ”(4WD/6AT)/RX450h“バージョンL・Air suspension”(4WD/CVT)
……609万2450円/704万450円

デビューから3年がたち、テコ入れが実施された「レクサスRX」シリーズ。その仕上がりを、新たなスポーティーグレード“Fスポーツ”とハイブリッドモデルで試した。

新グレードは“ちょい過激”

レクサスのイメージリーダーはなんだろうか。やはり旗艦の「LS」か、と個人的には思うが、販売台数では「RX」である。世界規模だとレクサスの4割を占める。それだけSUV王国の北米で売れているということである。中国でも人気上昇中だ。そういえば、新しいフロントマスクはどことなく孟子(もうし)に似ているような気が……。

登場から3年あまり、マイナーチェンジしたRXシリーズ最大の話題は、「450h」と「350」に“Fスポーツ”が追加されたことだろう。「LFA」や「IS F」を想起させる“F”だが、あんなに過激ではないという点では、BMWの“M”に対するMスポーツに似ている。

いずれもパワーユニットに変更はなく、サスペンションチューンや19インチホイール、内外装の専用装備などがFスポーツの要諦だ。見えないところでは「レクサスCT200h」に採用されているパフォーマンスダンパーが備わる。フロントとリアエンドに渡された、いわばボディーのショックアブソーバーである。

1コマ60分の試乗会で経験したFスポーツはRX350(560万円)だった。ノーマルのRX350との差額、つまりFスポーツの“お代”は、350の場合、60万円。外観ではチタンブラックの専用アルミホイールがまず目をひく。最近、日本車の純正ホイールもかなりカッコよくなってきた。

インテリアはブラックと光り物の世界。ダッシュボードもレザーシートもドアの内張りもカーペットもすべて黒ずくめ。そのなかにクロムの化粧パネルやスイッチ類やペダルが配される。これがFスポーツの専用内装で、サドルタンのシートやウォルナットの化粧パネルをFスポーツで選ぶといったわがままは言えない。

今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりの化粧直しが実施され、ヘッドランプやグリルのデザインはセダン「GS」に似たものに改められた。
今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりの化粧直しが実施され、ヘッドランプやグリルのデザインはセダン「GS」に似たものに改められた。 拡大
インテリアのデザインは3年前のデビュー時と変わらない。ただし、カーナビゲーションシステムの安全運転支援機能や、オーディオなどの操作デバイス(リモートタッチ)はアップグレードされている。インテリアカラーは、写真のブラックのほかに、アイボリーとライトグレー、さらに新色のガーネットとサドルタンを加えた全5色から選べる。
インテリアのデザインは3年前のデビュー時と変わらない。ただし、カーナビゲーションシステムの安全運転支援機能や、オーディオなどの操作デバイス(リモートタッチ)はアップグレードされている。インテリアカラーは、写真のブラックのほかに、アイボリーとライトグレー、さらに新色のガーネットとサドルタンを加えた全5色から選べる。 拡大
スポーティーバージョンの“Fスポーツ”には、19インチアルミホイールやフロントバンパーなど、専用のエクステリアパーツが与えられる。
スポーティーバージョンの“Fスポーツ”には、19インチアルミホイールやフロントバンパーなど、専用のエクステリアパーツが与えられる。 拡大

中高年向け「スポーツ味」

走りだしたRX350“Fスポーツ”は、ちょっと脚の引き締まったRX350という感じだ。サスペンションチューニングのコンセプトは「安心で、速く」。ノーマルより硬いのはわかるが、かといって快適性を損なうほどガチガチではない。

280psの3.5リッターV6に変更はないが、6段ATをパドルシフトでアップダウンできるのが、Fスポーツ乗りの特権だ。
RXはレクサス唯一のSUVである。SUVはスポーツ・ユーティリティー・ヴィークルの略だが、これまでのRXにとりたててスポーティーなイメージはなかった。若年層には手が出ないということもあるが、オーナーの平均年齢も50代以上だったという。

逆に言うと、この「レクサスのSUV」にはこれまでLUV(ラグジュリアス・ユーティリティー・ヴィークル)とでも言うべき独特の立ち位置があったと思う。「クラウン」に乗り続けてきた日本版エスタブリッシュメントの中高年が、「どれどれ」と言ってためしに手を出すSUV、みたいな。
それもいいけど、それだけじゃ困る、という経緯で投入されたのがFスポーツなのだろう。「どんな商品でも、“若々しいイメージ”で損をすることはない」とチーフエンジニアは言っていた。つまりRXはシリーズ乾坤一擲(けんこんいってき)の回春剤というわけだ。

一方、RXハイブリッドの“Fスポーツ”も450hのシリーズトップモデルになった。674万円の価格は、別格だったエアサスペンションモデルをしのぐ。ダンナSUVの政権交代である。しかし、残念ながら今回の試乗会では人気集中で乗ることができなかった。代わりに、最高峰の座を奪われた“バージョンL・Air suspension”(659万円)に乗ってみた。

ガソリンエンジンモデルの心臓は、写真の3.5リッターV6のほか2.7リッターの直4も用意される。
ガソリンエンジンモデルの心臓は、写真の3.5リッターV6のほか2.7リッターの直4も用意される。 拡大
“Fスポーツ”専用のスポーツシート。ステアリングホイールや装飾パネル、ペダル類も専用品となる。
“Fスポーツ”専用のスポーツシート。ステアリングホイールや装飾パネル、ペダル類も専用品となる。 拡大
荷室は、4:2:4で分割可倒式の後席を倒すことで、その容量を拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
荷室は、4:2:4で分割可倒式の後席を倒すことで、その容量を拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます) 拡大

おすすめ以外も捨てがたい

ブラックインテリアの350“Fスポーツ”から乗り換えると、ホッとした。試乗した450hの内装は新色のサドルタン。シックなブラウンだ。センタートンネル部分の化粧パネルは光沢のあるウォルナット。邸宅感のある室内である。

ハーダーサスのおかげで多少ザワザワした乗り味の350“Fスポーツ”と比べると、エアサスのノーマル450hは、明らかにコンフォート志向だ。どっしりしたフラット感はあちらに分があるが、より快適なのはこっちである。「レクサスはやっぱりラグジュリーでいいんじゃないの?」と思ってしまった。

3.5リッターのV6ハイブリッドユニットは従来型からのキャリーオーバーである。スピード感のない新東名でも、パワーはひとくちに余裕しゃくしゃく。メーカーのデータによると、0-100km/h加速は280psの350とほぼ同じ。追い越し加速は、システム出力299psのフルパワーがものをいうハイブリッドのほうが速いという。

日本で売れるRXは、実に7割がハイブリッドだそうだ。ハイブリッドは日本式エコカーの本命だが、RXは速さも手に入るパワーハイブリッドである。

となると、「若向きのFスポーツにも大きなビジネスチャンスがある」と、トヨタ、じゃなくってレクサスは踏んでいるのだろう。
筋としては、一番お値頃な4気筒FFモデルの「RX270」にこそFスポーツを用意すればいいのにと思うが、そうしなかったのはレクサスの矜持(きょうじ)だろうか。

(文=下野康史/写真=高橋信宏)

「450h“バージョンL・Air suspension”」。全13グレードで展開される「レクサスRX」シリーズにあって、唯一エアサスペンションを備える快適仕様車である。
「450h“バージョンL・Air suspension”」。全13グレードで展開される「レクサスRX」シリーズにあって、唯一エアサスペンションを備える快適仕様車である。 拡大
「RX450h」シリーズのメーターまわり。「SPORT」モード選択時は、計器盤が赤く発光する。
「RX450h」シリーズのメーターまわり。「SPORT」モード選択時は、計器盤が赤く発光する。 拡大
ガソリンエンジンモデル同様、ハイブリッドモデルのエンジンルームも広くカバーで覆われる。
ガソリンエンジンモデル同様、ハイブリッドモデルのエンジンルームも広くカバーで覆われる。 拡大
【スペック】RX450h“バージョンL・Air suspension”:全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(249ps/6000rpm、32.3kgm/4800rpm)、フロント交流モーター(167ps、34.2kgm)、リア交流モーター(68ps、14.2kgm)/価格=659万円(テスト車=704万450円/235/55R19タイヤ+19インチアルミホイール=4万2000円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/クリアランスソナー=4万2000円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万9450円)
【スペック】RX450h“バージョンL・Air suspension”:全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(249ps/6000rpm、32.3kgm/4800rpm)、フロント交流モーター(167ps、34.2kgm)、リア交流モーター(68ps、14.2kgm)/価格=659万円(テスト車=704万450円/235/55R19タイヤ+19インチアルミホイール=4万2000円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/クリアランスソナー=4万2000円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万9450円) 拡大

関連キーワード:
RXレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事