【スペック】RX350“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=1970kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.5kgm/4700rpm)/価格=560万円(テスト車=609万2450円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/クリアランスソナー=4万2000円/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万9450円/ヘッドアップディスプレイ=8万4000円)

レクサスRX350“Fスポーツ”/RX450h“バージョンL・Air suspension”【試乗記】

若返りのレクサス 2012.05.10 試乗記 レクサスRX350“Fスポーツ”(4WD/6AT)/RX450h“バージョンL・Air suspension”(4WD/CVT)
……609万2450円/704万450円

デビューから3年がたち、テコ入れが実施された「レクサスRX」シリーズ。その仕上がりを、新たなスポーティーグレード“Fスポーツ”とハイブリッドモデルで試した。

新グレードは“ちょい過激”

レクサスのイメージリーダーはなんだろうか。やはり旗艦の「LS」か、と個人的には思うが、販売台数では「RX」である。世界規模だとレクサスの4割を占める。それだけSUV王国の北米で売れているということである。中国でも人気上昇中だ。そういえば、新しいフロントマスクはどことなく孟子(もうし)に似ているような気が……。

登場から3年あまり、マイナーチェンジしたRXシリーズ最大の話題は、「450h」と「350」に“Fスポーツ”が追加されたことだろう。「LFA」や「IS F」を想起させる“F”だが、あんなに過激ではないという点では、BMWの“M”に対するMスポーツに似ている。

いずれもパワーユニットに変更はなく、サスペンションチューンや19インチホイール、内外装の専用装備などがFスポーツの要諦だ。見えないところでは「レクサスCT200h」に採用されているパフォーマンスダンパーが備わる。フロントとリアエンドに渡された、いわばボディーのショックアブソーバーである。

1コマ60分の試乗会で経験したFスポーツはRX350(560万円)だった。ノーマルのRX350との差額、つまりFスポーツの“お代”は、350の場合、60万円。外観ではチタンブラックの専用アルミホイールがまず目をひく。最近、日本車の純正ホイールもかなりカッコよくなってきた。

インテリアはブラックと光り物の世界。ダッシュボードもレザーシートもドアの内張りもカーペットもすべて黒ずくめ。そのなかにクロムの化粧パネルやスイッチ類やペダルが配される。これがFスポーツの専用内装で、サドルタンのシートやウォルナットの化粧パネルをFスポーツで選ぶといったわがままは言えない。

今回のマイナーチェンジでは、フロントまわりの化粧直しが実施され、ヘッドランプやグリルのデザインはセダン「GS」に似たものに改められた。
レクサスRX350“Fスポーツ”(4WD/6AT)/RX450h“バージョンL Air suspension”(4WD/CVT)【短評】
インテリアのデザインは3年前のデビュー時と変わらない。ただし、カーナビゲーションシステムの安全運転支援機能や、オーディオなどの操作デバイス(リモートタッチ)はアップグレードされている。インテリアカラーは、写真のブラックのほかに、アイボリーとライトグレー、さらに新色のガーネットとサドルタンを加えた全5色から選べる。
レクサスRX350“Fスポーツ”(4WD/6AT)/RX450h“バージョンL Air suspension”(4WD/CVT)【短評】
スポーティーバージョンの“Fスポーツ”には、19インチアルミホイールやフロントバンパーなど、専用のエクステリアパーツが与えられる。
レクサスRX350“Fスポーツ”(4WD/6AT)/RX450h“バージョンL Air suspension”(4WD/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る