「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

2012.05.10 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」(写真は仕様変更前のもの)
シボレー、「キャプティバ」「カマロ」を改良

「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年5月9日、一部仕様を変更した「シボレー・キャプティバ」と「同カマロ」を発表。同日販売を開始した。

「シボレー・カマロ」(写真は北米仕様車)
シボレー、「キャプティバ」「カマロ」を改良

「シボレー・キャプティバ」は、周囲をクロームベゼルで飾られたフォグランプが与えられた。価格は359万円。

「シボレー・カマロ」については、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT RSクーペ」と「コンバーチブル」のフロントバンパーやフロントグリル、LED式リアコンビネーションランプなどのデザインが変更され、ヘッドランプウオッシャー、ヘッドライトのオートレベリング機構が追加された。
価格は「LT RSクーペ」が435万円、「コンバーチブル」は504万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る