第27回:ロボットが、踊って恋して人殺し!? これがインドパワー!
『ロボット』

2012.05.09 エッセイ

第27回:ロボットが、踊って恋して人殺し!? これがインドパワー!−『ロボット』

自動車も映画もインドが一番

「ジャガー」と「ランドローバー」がインドのタタ・モーターズに買収されたのは、2008年のことだった。イギリス自動車ブランドの至宝が、かつての植民地の手に渡ったのだ。世界のIT産業はインド抜きでは成り立たないし、あと15年ほどで中国を抜いて人口が世界一になる。アメリカが抜きんでた超大国として君臨していた時代は終わりつつあり、インドは今一番勢いを感じる国の一つである。

映画の世界でも、それは同じだ。ジャガー・ランドローバー買収と同じ年、スティーヴン・スピルバーグ監督の会社ドリームワークスはインドから出資を受けた。2009年の大ヒット作『スラムドッグ$ミリオネア』は、インドのスラム街を舞台にダニー・ボイル監督が撮ったアメリカ映画だった。そもそも、映画の製作本数や観客動員数では、インドははるか昔から世界一である。

そして、世界を震撼(しんかん)させたインド映画の超問題作が、この『ロボット』である。なんともシンプルなタイトルだが、仕方がない。100体のロボットが踊り、走り、人殺しをするのだから。元気のある国ならではの過剰さが満ちあふれた、お祭りのような映画である。

(C)2010 SUN PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
第27回:ロボットが、踊って恋して人殺し……これがインドパワー! −『ロボット』
第27回:ロボットが、踊って恋して人殺し……これがインドパワー! −『ロボット』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。