新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始

2012.05.09 自動車ニュース

新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始

メルセデス・ベンツ日本は、ハイパフォーマンスな2シーターオープン「SLK55 AMG」の新型を日本市場に導入。2012年5月9日に発売した。

メルセデス・ベンツの「SLK55 AMG」は、「SLK」シリーズのトップモデルとなる、ハイパフォーマンス・オープンカー。

その象徴となる強心臓には、新開発の5.5リッターV8直噴エンジン「M152」ユニットが採用され、先代の「SLK55 AMG」(360ps、52.0kgm)を大幅に上回る、422psと55.1kgmを発生する。
0-100km/hの加速タイムは4.6秒で、最高速度はリミッターの作動する250km/h。一方で、気筒休止システムやECOスタートストップ機能も搭載し、先代モデル比70%アップとなる11.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

組み合わされるトランスミッションは、3種類の走行モードが選べる「AMGスピードシフト 7Gトロニックプラス」。シフトダウン時は自動でブリッピングを行い、高負荷時におけるシフトアップでは、点火および燃料噴射を制御して変速にかかる時間を短縮する。

そのほか、「ダイレクトステアリングシステム」に「トルクベクトリングブレーキ」、走行環境により排気音を調節する「AMGスポーツエグゾーストシステム」など、“走りのメカニズム”は満載。
さらにオプションで、専用の「AMGスポーツサスペンション」や「リミテッド・スリップ・デフ」「AMGパフォーマンスステアリング」などがセットになった「AMGハンドリングパッケージ」も用意される。

また内外装についても、ハイパフォーマンスモデルにふさわしく、専用のグリルやエアロパーツ、高級なナッパレザーのスポーツシート、IWCデザインの専用アナログ時計などが与えられる。

価格は1090万円。ハンドル位置は左のみ用意される。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」(写真は欧州仕様車)
「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」(写真は欧州仕様車)
新開発の「M152」ユニット。ふたつのターボを備える「M157」ユニットをベースに、ターボを除き、新設計のシリンダーヘッドが組み合わされた自然吸気エンジンだ。
新開発の「M152」ユニット。ふたつのターボを備える「M157」ユニットをベースに、ターボを除き、新設計のシリンダーヘッドが組み合わされた自然吸気エンジンだ。

新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始の画像
インテリアの様子。
インテリアの様子。
メルセデス・ベンツも「圧倒的な走行性能とトップレベルの適合性を両立したハイパフォーマンスロードスター」と胸を張る新型「SLK55 AMG」。日本国内でのデリバリー開始は、2012年6月が予定されている。
メルセデス・ベンツも「圧倒的な走行性能とトップレベルの適合性を両立したハイパフォーマンスロードスター」と胸を張る新型「SLK55 AMG」。日本国内でのデリバリー開始は、2012年6月が予定されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編) 2017.2.9 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ランボルギーニ ウラカン スパイダー」。「昔のランボは運転するのが怖かった」と告白する谷口。では最新のランボは谷口の手にどんな感触を残したのだろうか。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る