トヨタ・ヴィッツが一部改良 特別仕様車発売も

2012.05.09 自動車ニュース

トヨタ、「ヴィッツ」を一部改良 特別仕様車も発売

トヨタ自動車は2012年5月9日、コンパクトカー「ヴィッツ」を一部改良するとともに特別仕様車「F “Smile Edition”」「F “SMART STOPパッケージ・Smile Edition”」を設定し、販売を開始した。

今回の一部改良では、センターレジスターノブにメッキ加飾が施された(「F」グレードを除く)ほか、「F」と「Jewela」のメーターにシルバー加飾が追加されるなど、内装の質感向上が図られた。
また「Jewela」では、「シルバーデコレーション」限定のボディーカラーとして、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック、オレンジマイカメタリックが設定された。

特別仕様車「F “Smile Edition”」「F “SMART STOPパッケージ・Smile Edition”」は、「F」をベースに、スマートエントリー&スタートシステムとスーパーUVカットガラス(フロントドア)、オートエアコン(1.3リッター車のみ)を特別装備。さらに、盗難防止システム、助手席シートアンダートレイ、買い物アシストシート(助手席)なども付与されている。
内装では、シート表皮に専用色のダークグレーが特別設定されるほか、メッキ加飾のシフトレバー、高輝度シルバー塗装を施したステアリングホイールなどを採用することで、より華やかな室内空間を演出している。
ボディーカラーは、特別色のライトパープルマイカメタリックを含む全6色が用意される。

価格は以下のとおり
・F “Smile Edition” 1リッター FF車:125万5000円
・F “Smile Edition” 1.3リッター FF車:137万5000円
・F “Smile Edition” 1.3リッター 4WD車:156万4000円
・F “SMART STOPパッケージ・Smile Edition” 1.3リッター FF車:143万5000円

(webCG)

「ヴィッツ F “SMART STOPパッケージ・Smile Edition”」
「ヴィッツ F “SMART STOPパッケージ・Smile Edition”」 拡大

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る