「トヨタ・エスティマ」がマイナーチェンジ

2012.05.09 自動車ニュース

トヨタ、「エスティマ」シリーズをマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2012年5月8日、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、スポーティーグレード「アエラス」を中心に、内外装の意匠変更が実施された。「アエラス」は、フロントグリルとバンパーが新デザインとなったほか、ヘッドランプとリアコンビネーションランプの色が変更され、アルミホイールも18インチの専用タイプとなった。
また、「G」「X」グレードは、アルミホイールが新デザインに変更された。エスティマハイブリッドは、全車にハイブリッド専用リアエンブレムが装備された。

内装では、全車でシートおよびトリム色にブラックとシェル(新色)の2色が設定されたほか、インストゥルメントパネルとフロントのドアアームレストにサテン調シルバー加飾モールが追加された。また、センタークラスターとステアリングホイールのパネル部にはブラックメタリックが採用されるなど、質感の向上が図られた。このほか「G」と「アエラス“レザーパッケージ”」には、木目調加飾が装備された。

装備については、「G」および「アエラス“レザーパッケージ”」、ハイブリッド全車に、ナノイーとスーパーUVカットガラス(フロントガラス)が採用された。このほか「アエラス」にはデュアルパワースライドドアとロングスライドコンソールボックスが、「G」にはパワーバックドアが追加されるなど、快適性や利便性の向上が図られた。

価格は、エスティマが275万円〜394万1000円、エスティマハイブリッドが379万円〜513万7000円。

(webCG 曽宮)

「エスティマ アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター・7人乗り)
「エスティマ アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター・7人乗り)
スポーティーグレードの「アエラス」が、新たに「エスティマハイブリッド」にも設定された。
スポーティーグレードの「アエラス」が、新たに「エスティマハイブリッド」にも設定された。
3.5リッター車には「S-VSC」(ステアリング協調車両安定性制御システム)が、ハイブリッド車には車両接近通報装置が装備されるなど、安全性の向上も図られた。
3.5リッター車には「S-VSC」(ステアリング協調車両安定性制御システム)が、ハイブリッド車には車両接近通報装置が装備されるなど、安全性の向上も図られた。
外板色は、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック(写真)、アイスチタニウムマイカメタリックを含む全6色が用意される。
外板色は、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック(写真)、アイスチタニウムマイカメタリックを含む全6色が用意される。

関連キーワード:
エスティマトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記