「トヨタ・エスティマ」がマイナーチェンジ

2012.05.09 自動車ニュース

トヨタ、「エスティマ」シリーズをマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2012年5月8日、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、スポーティーグレード「アエラス」を中心に、内外装の意匠変更が実施された。「アエラス」は、フロントグリルとバンパーが新デザインとなったほか、ヘッドランプとリアコンビネーションランプの色が変更され、アルミホイールも18インチの専用タイプとなった。
また、「G」「X」グレードは、アルミホイールが新デザインに変更された。エスティマハイブリッドは、全車にハイブリッド専用リアエンブレムが装備された。

内装では、全車でシートおよびトリム色にブラックとシェル(新色)の2色が設定されたほか、インストゥルメントパネルとフロントのドアアームレストにサテン調シルバー加飾モールが追加された。また、センタークラスターとステアリングホイールのパネル部にはブラックメタリックが採用されるなど、質感の向上が図られた。このほか「G」と「アエラス“レザーパッケージ”」には、木目調加飾が装備された。

装備については、「G」および「アエラス“レザーパッケージ”」、ハイブリッド全車に、ナノイーとスーパーUVカットガラス(フロントガラス)が採用された。このほか「アエラス」にはデュアルパワースライドドアとロングスライドコンソールボックスが、「G」にはパワーバックドアが追加されるなど、快適性や利便性の向上が図られた。

価格は、エスティマが275万円〜394万1000円、エスティマハイブリッドが379万円〜513万7000円。

(webCG 曽宮)

「エスティマ アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター・7人乗り)
「エスティマ アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター・7人乗り)
スポーティーグレードの「アエラス」が、新たに「エスティマハイブリッド」にも設定された。
スポーティーグレードの「アエラス」が、新たに「エスティマハイブリッド」にも設定された。
3.5リッター車には「S-VSC」(ステアリング協調車両安定性制御システム)が、ハイブリッド車には車両接近通報装置が装備されるなど、安全性の向上も図られた。
3.5リッター車には「S-VSC」(ステアリング協調車両安定性制御システム)が、ハイブリッド車には車両接近通報装置が装備されるなど、安全性の向上も図られた。
外板色は、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック(写真)、アイスチタニウムマイカメタリックを含む全6色が用意される。
外板色は、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック(写真)、アイスチタニウムマイカメタリックを含む全6色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る